蹴夢[KERU-YUME] CHANGE THE MIND
鈴木智之さんのサッカー小説を読んでみました。
普段はサッカーものは読まないのですが、出張先のほんだらけ(まんだらけではない)で見かけたので購入。
時間つぶしのつもりでしたが、非常に面白かったので紹介します。



<あらすじ>
日本代表のFWを父に持つ米倉ケンタは、父を越えるプレーヤーを目指している。
進学した強豪・竹駒学園で待っていたのは、同じプロ志望のチームメートたち、そして「サッカーは教えない」という個性派監督。
「お前は技術は優れているが、決定的に足りないものがある」
監督の言葉に、ケンタは迷いながらも成長していく。

<感想>
サッカー小説を読むのは初めてなのですが、一気に読めました。

まず面白いなと思った点。

1.主人公は同世代トップレベルの選手
スポーツだと凡人が努力して這い上がるパターンがあまりに多かったので、これは新鮮でした。
漫画でよくある人間味のないエリートではなく、悩める少年というのもいい。

2.監督が押し付け型の指導をしない
普段は何もせず、困ったときだけフォローする。なかなか出来ないことですが、理想の指導者です。

3.スピード感のある文体
実際のサッカーと一緒で流れるようにプレーが進みます。
素人の私は細かい部分は読み飛ばしているのですが、それでも情景がなんとなくわかる。
作者の方がそれだけすごいのでしょう。
奥付を見ると、スポーツライターとして育成法を書かれているとのこと。納得ですね。

ストーリーは、主人公が入学してからGWまでを書いています。
サッカーサイト「ゲキサカ」で連載されていた作品だそうで、続きも刊行して欲しいものです。
| 漫画・本 | 12:45 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/55
トラックバック
LINEで送る


  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<   09 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート