尾崎あきら「さよなら失恋番長」感想
全1巻。2008年11月、集英社発行。

太田川工業高校、通称オタ高で恋に七転八倒する男女を描く表題作ほか、
読み切り3編収録。


さよなら失恋番長 (マーガレットコミックス)


尾崎あきら(現オザキアキラ名義)さんの他の作品の感想は、下記からどうぞ。
漫画・本 オザキアキラ

◎初出
さよなら失恋番長(『デラックスマーガレット』2008年5月号)
さよなら失恋番長~セカンド・ステージ~(『デラックスマーガレット』2008年9月号)
もみじ商店街裏通り 恋の花道(『デラックスマーガレット』2008年1月号)
もみじ商店街三代目 恋の花道(『デラックスマーガレット』2005年5月号)


◎感想
笑える少女漫画。
いや、少女漫画ではないかもしれない。

今の連載作品もそうですが、オザキ先生の作風はとにかく独特。
分類できません。

ROCKにしてギャグ、けっこう下品にして変態。
「男の頭からオッパイをとったら何も残らん」、確かにその通り。

1つ言えるのは、この頃はアクが強すぎて、
インパクトはあるんだけどバカ売れはしないだろうな、と。

セリフにしてもキャラクターにしても詰め込みすぎの感があり、
展開は常時ハイテンションで「間」がない。
起承転結で言ったら、全部「転」みたいな感じ。

ただ、若さに任せて(先生の年齢は知りませんが)
ペンをブッ飛ばしたような作品、キライではないです。

「ハル×キヨ」になるとギャグやシュールの中にも
少女漫画らしいときめき・胸キュン要素がありますね。

何にしても、オザキ先生が漫画家続けてくれて良かったです。
面白い漫画が読めますからね。
| 漫画・本::オザキアキラ | 20:39 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1776
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   08 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん