BOOKSCAN(ブックスキャン)に電子書籍化を依頼してわかったこと
数年前、iPadが世に出たころから、本の電子書籍化(自炊)が盛んです。
業者として請け負っているところも沢山出てきましたが、
ここ数年でだいぶ淘汰された感じ。
採算が中々合わないのと、著作権的にグレーな行為というのが両方かな。

最近、業者さんの中でも最大手と思われる、合同会社大和印刷さんの「BOOKSCAN(ブックスキャン)」
電子書籍化を依頼しました。
引っ越しで本を整理したかったのですが、売るのはしのびなかったので。

そこで気付いた点をまとめます。
ここに書いた情報が将来変わる可能性はありますので、ご注意。

◎依頼時の注意
・依頼してから、完了までに約2か月かかる(混雑状況による)
・依頼料は先払い
 1冊100円~(オプションによって増加)
・350ページを超えると2冊分にカウント
 小冊子が挟まっている本の場合、小冊子も1冊にカウント
・書籍はスキャン予定日の2日前に到着するよう、送る必要がある
 保管場所に限りがあるため、との事
・送った冊数が依頼料をオーバーしていた場合、超過分はスキャンされない
 融通は一切利かせてくれません。きちんと数えて送りましょう


◎要注意:スキャンできない本
著者がスキャンを拒否しているものは、送り返されます。
誰が拒否しているか、ブックスキャンはサイトに明記していませんが、
おそらく下記に該当するの方々と思われます。

お知らせ スキャン対応不可作家様(著作権者様)について
※未来BOOKという、別業者のサイト

上記の方々の中でも、電子書籍形態で売ってる人はいるんですけどね……。
「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦さんとか。

本を電子化するのはダメ、という気持ちはわかります。
心血注いで作った本を、タダでばらまかれる危険があるわけだから。
読者として、その気持ちは無視できません。

もしかしたら、この点に目をつぶってスキャンしてくれる業者はいるかもしれません。
しかし、危ない橋は渡らない方がいいと思います。

ちなみに、
・送り返された時の送料は、ブックスキャンが負担してくれる(=着払いではない)
・依頼料を消化できていない場合、それを充当する優待コードを発行する
 次回使えるタダ券。つまり、現金では戻ってこない

ということで、スキャンしていい作家さんの本かどうか、きちんと確認しましょう。
ブックスキャンが確認用アプリ「BOOKSCAN Checker」を作っているので、
それを使うのが一番手っ取り早いです。⇒iPhone⇒Android


余談ですが、上記メンバーに少女漫画家の椎名軽穂さんが入ってます(「君に届け」「CRAZY FOR YOU」などで有名)。
しかし、同じ少女漫画家で、椎名さんと個人的にも親しい河原和音さん(「青空エール」「高校デビュー」など)は入ってません。
作家さんごとにスタンスはバラバラってことですね。

ちなみに「青空エール」「高校デビュー」はリンク先で紹介してます……あ、どうでもいいですか。


◎スキャンの質
問題ないです。
注文が多いだけあって、スキャン後の画質は読書に全く支障ありません。

たまに文字がゆがんでいる個所もありますが、全体で3%もないと思います。

ちなみに、スキャンでできたPDFデータは1冊ずつしかダウンロードできません。
プレミアム会員になれば一気にできるらしいですが、
まあ100冊程度なら、ちまちまやってもいいと思います。


◎まとめ
色々条件はつけていますが、きちんと守れば仕事は正確にしてくれます。
多くの自炊業者の中で生き残ったのも、仕組みや決まり事をしっかり整備したからだと思います。

本を整理したい方は、利用しましょう。
| 漫画・本::電子書籍 | 01:52 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/657
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<   02 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん