細川貂々「ぐーぐーBook 気持ちよーく眠りたい」
2004年9月、産業編集センター発行。
「ツレがうつになりまして。」シリーズで知られる、
細川貂々さんの初のコミックエッセイ。


ぐーぐーBook 気持ちよーく眠りたい


不眠の様々な解消方法を、イラスト・4コマ漫画を交えて紹介しています。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 23:15 | comments (0) | trackback (0) |
「自殺者三万人を救え! “命”みんなで守る社会戦略」望月昭,細川貂々他/NHK出版
2011年2月、NHK発行。
NHK「生活ほっとモーニング」で、2009年12月1日~12月3日にわたって放送された
「“命”みんなで守る」の内容をもとに作成された。

自殺未遂者の体験記や、自殺者を防ぐ人々の取り組みをまとめている。


自殺者三万人を救え!-“命”みんなで守る社会戦略


◎構成
第一章 望月昭・細川貂々
第二章 澤登和夫
第三章 斎藤大輔
第四章 藤澤克己
第五章 NHK「“命”みんなで守る」制作班(吉田卓哉、斎藤大輔、鵜飼俊介、平田知弘、青山浩平)
第六章 清水康之
第七章 佐々木久長

第一章は、「ツレがうつになりまして。」シリーズで知られる「ツレ」こと望月昭さんが、
自らの体験をもとに「死んでしまいたかった時期」について語っている。
「ツレうつ」作者の細川貂々さんは、挿絵と表紙を担当。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

他の章についても、簡単に感想を。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 22:23 | comments (0) | trackback (0) |
細川貂々「どーすんの? 私」
2008年1月、小学館発行。現在は文庫版あり。
「ツレがうつになりまして。」シリーズで知られる、細川貂々さんのコミックエッセイ。

どーすんの? 私 どーすんの? 私(小学館文庫)

◎概要
高校卒業後、将来が何も決められずフラフラしていた娘さんが、
東京の絵の専門学校(セツ・モードセミナー)に通うことを決めるまで、のお話。

若い頃の迷い道を振り返った、貂々さんの自伝漫画。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 22:36 | comments (0) | trackback (0) |
細川貂々「私が結婚できるとは イグアナの嫁2」
2009年5月、幻冬舎発行。現在は文庫版あり。
「ツレうつ」シリーズで知られる、細川貂々さんのコミックエッセイ。
通称「イグ嫁」シリーズ第2弾。

私が結婚できるとは イグアナの嫁〈2〉 私が結婚できるとは イグアナの嫁〈2〉(幻冬舎文庫)

◎あらすじ
ずっと独身だったグリーンイグアナの「イグ」に、
2006年、お嫁さんの「まぐちゃん」がやってきた。
ところが、2匹はそう簡単に仲良くなりません。

自分たちはどうだっただろう?
貂々さんは、「ツレ」さんとのなれ初めから結婚生活を振り返ります。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 23:39 | comments (0) | trackback (0) |
細川貂々&大野裕「ツレと貂々、うつの先生に会いに行く」
「ツレがうつになりまして。」で有名な漫画家・細川貂々さんと、
精神科医・慶応義塾大教授の大野裕さんの共著。

2011年3月、朝日新聞出版発行。現在は文庫版あり。

ツレと貂々、うつの先生に会いに行く ツレと貂々、うつの先生に会いに行く (文庫)

細川貂々さん・「ツレ」こと望月昭さんご夫妻の質問に、
大野先生が答える、という形式で描かれています。
コミック形式で読みやすい、「うつ」の入門書。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想はこちら
大野裕さんの著書の感想は、こちらからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 20:07 | comments (0) | trackback (0) |
望月昭「パパ、どうしてお仕事いかないの?」
2011年9月、幻冬舎発行。画・細川貂々。
「ツレがうつになりまして。」の「ツレ」こと望月昭さんの子育てエッセイ。
「育児ばかりでスミマセン。」に続く、第2弾。


パパ、どうしてお仕事いかないの?


細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 23:32 | comments (0) | trackback (0) |
望月昭「育児ばかりでスミマセン。」
2010年8月、幻冬舎発行。画・細川貂々。
「ツレがうつになりまして。」の「ツレ」こと望月昭さんの子育てエッセイ。
挿絵は奥さん担当。

育児ばかりでスミマセン。

タイトルは、前著「こんなツレでゴメンナサイ。」(文藝春秋)とかけていると思われる。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 23:55 | comments (0) | trackback (0) |
細川貂々「イグアナの嫁」
2006年12月、幻冬舎発行。現在は文庫版あり。
「ツレうつ」シリーズで知られる、細川貂々さんのコミックエッセイ。

イグアナの嫁 イグアナの嫁 (幻冬舎文庫)

◎あらすじ
結婚4年目、子どものいない夫婦が、
なりゆきでグリーンイグアナ「イグ」を飼うことになった。

妻は、漫画家デビューしたものの安定せず。つなぎのバイトも長続きしない。
夫は、会社をやめてフリーを目指すもだまされてばかり。

そんな不器用な2人と1匹の「家族」の物語。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 21:30 | comments (0) | trackback (0) |
細川貂々「イグ その愛と死 イグアナの嫁3」
2013年5月、幻冬舎発行。
「ツレうつ」シリーズで知られる、細川貂々さんのコミックエッセイ。
「イグアナの嫁」、略して「イグ嫁」シリーズ最終巻。


イグ その愛と死 イグアナの嫁3


1999年から飼い始めたグリーンイグアナの「イグ」と、
2008年に生まれた貂々さんのお子さん「ちーと君」の奇妙な“兄弟”関係。
そして、イグの死。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 10:51 | comments (0) | trackback (0) |
映画「ツレがうつになりまして。」
ここ最近「うつ」についての本を色々読みふけっているのだが、
その一環で映画「ツレがうつになりまして。」を観てみました。


ツレがうつになりまして。 スタンダード・エディション [DVD](Amazon)


2011年秋の公開当時、『篤姫』で夫婦役だった堺雅人さん・宮崎あおいさんが再び夫婦を演じるということで、
かなり話題になっていたと記憶しています。

細川貂々さんの原作3冊
ツレがうつになりまして。
その後のツレがうつになりまして。
イグアナの嫁
と比較した感想をかいてみます。

続き▽
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 22:22 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   06 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん