細川貂々「私が結婚できるとは イグアナの嫁2」
2009年5月、幻冬舎発行。現在は文庫版あり。
「ツレうつ」シリーズで知られる、細川貂々さんのコミックエッセイ。
通称「イグ嫁」シリーズ第2弾。

私が結婚できるとは イグアナの嫁〈2〉 私が結婚できるとは イグアナの嫁〈2〉(幻冬舎文庫)

◎あらすじ
ずっと独身だったグリーンイグアナの「イグ」に、
2006年、お嫁さんの「まぐちゃん」がやってきた。
ところが、2匹はそう簡単に仲良くなりません。

自分たちはどうだっただろう?
貂々さんは、「ツレ」さんとのなれ初めから結婚生活を振り返ります。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

◎内容
イグアナのつがいを通じて、人間の結婚ってなんだろう、
というのを考えさせられる本。

作者は「ツレがうつになりまして。」シリーズで有名な方ですが、
この本にはうつ病についてはサラリと触れられている程度です。

焦点は、あくまでもイグアナと人間の夫婦の話です。

自分は独身なので、結婚については何もかも実感がない。
ですので、教訓を得たとか、ためになったなどとしたり顔で書けません。

いくつか、含蓄のありそうなフレーズを取り出して、終わりにします。

結婚相手は 親よりも子供よりも優先して大切にしなきゃいけない(77p)

「同棲は二人の関係だが、結婚はみんなの関係だ」(78p)

片方が頼れないんなら 片方が立ち上がる
それでこそ結婚した意味があるような気がする
(101p)

独身の頃には「憧れ」で「ゴール」で「成功」のイメージだったが、
今は「現実」で「生活」で「維持コストのかかつ必需品」というコトバがふさわしく思える
(132p)

ツレとの結婚生活をふりかえってみると 私は新しい自分にたくさん出会えてる(134p)

自分が成長する楽しさと、ちょっぴりほろ苦さの伴う日々なのだ(149p)

結婚するといいことありますよ(想像と違うかもしれませんが)。(151p)


◎余談
図書館によっては副題の「私が結婚できるとは」でしか登録されてない場合もあり、
「イグアナの嫁2」で探すと見つからないこともあります。
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 23:39 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/880
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん