Kiss(キス)2021年8月号感想
表紙は「ながたんと青と」。
巻頭カラーは「やんごとなき一族」。


Kiss(キス)2021年8月号


「涙雨とセレナーデ」、今回は山場中の山場です。
隔月でもしっかりついてきた甲斐があったというものです。

展開の都合上、感想はかなりお下品です。
ご承知の上、お読みください。

これまでの感想は
漫画・本 Kiss(キス)

◎作品感想
◆やんごとなき一族/こやまゆかり
手術した医師に「ありがとうございました」ってオヤジさんが頭を下げてて、
あ、この人もまともにお礼が言えるんだ、と思った。
偉そうなのは家庭内だけなのね。

◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷友紀
右腕を骨折した周さん。
上半身ぬがせて、添え木をあてるいちか。

緊急事態というのもあるけど、
ちゅうちょなく脱がせるあたり、
まだ周さんを男性として意識してないのかな、と思う。

周「あなたを手に入れたいので」
なんか含みのあるモノローグだな……。

「振り向かせたい」でもなく「手に入れたい」
策略めいたものを感じます。

◆幸子、生きてます/柘植文
マンションの管理人さんから、揚げドーナツもらう幸子さん。
広く浅く知人がいるなあ、と思う。
おひとりさまでもなんだかんだ楽しそう。

◆東京タラレバ娘 シーズン2/東村アキコ
衝撃の前回からの後始末。

出てくる男の中で一番令菜と話が合ってるのは、よしお11号だと思う。
めちゃめちゃ年下だけど。

20歳くらいか。
マクロン大統領夫妻よりは離れてないな。

◆非モテ女子、今日も安定。/ケイケイ
日記は長続きしない。
このショート、毎号掲載しないかな。
じわじわ面白いから。

◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
今回出てくる漫画の元ネタは、
Dr.Stoneですね。
読んだことはない。

◆僕らが恋をしたのは/オノ・ナツメ
新連載。

田舎のじいさん4人の住む「楽園」に
一人旅の女性がやってきた。

トビラ絵のアオリによると
「平均年齢70歳。
大人の恋と人生の物語。」

時代ですね。
今後はこういう作品も増えるのかも。

◆ハマる男に蹴りたい女/天沢アキ
たやすく姫抱っこできるあたり、
やはり少女漫画の男は違う。

◆ミドリくんには触れない/トヨタトヨ
アイドルの「バーン」は破壊力がすごい、らしい。

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
はやみんのお誕生日祝いを練る山本くん。
は、おいといて、今回も暴走する赤嶺さんが面白い。
車をぶっとばすシーンは明らかに、
「イニシャルD」のオマージュですね。

赤嶺さん、教育係の先輩の言う事、あきらかに聞いてなさそう。
もしかするとコネ入社なのかもしれん。
マンガだと面白いけど、こんな新人いたらたまらんな(;^ω^)

◆古オタクの恋わずらい/ニコ・ニコルソン
新連載。

1995年、オタクに市民権がない時代、の話。
描いてあることは大げさだけど、
たしかに、漫画やアニメはあからさまにアピールせず、
こっそり楽しむ時代でした。

「忍空」とか懐かしすぎるな。

そういえば、スラダンの流川は異常なくらい人気ありました。
あと幽遊白書の飛影と蔵馬ね。

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
ナメられない装い、の話。

◆ポンコツ警察官は私に夢中/上野はる菜
お巡りさんが昼休みに制服でウロウロしていいのだろうか。
いい話のような、問題行動のような。

◆兄弟犬/ともえ
爪切りは、犬にとっては怖いものなのかな。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
気分を上げる上向きまつげ。

◆サギ、欲情に鳴く/奈良原せつ
話は全く分からないんだけど、
この漫画はとにかく目が怖い。

◆涙雨とセレナーデ/河内遙
ヒナと孝章様、43話目にして、何度もすれ違いを経て、
ついに結ばれます。

ハダカというか、SEXシーンって難しいと思うんだけど、
そこは「ケーキを買いに」などでエロ上等の河内先生。
実にいいですね。
エロと絵的な美しさを両立してらっしゃる。

からみあう白い裸体と部屋の影、これぞ日本の陰影礼賛よ
(適当に言ってます)。
あと、孝章様の首と鎖骨にこだわりを感じる。

それにしても、ヒナも大胆ですよね。
横浜の孝章様の仮住まいに特攻、
押し倒して「実感が欲しい」って。

まあ、そうでもしないと結ばれないと思う。
孝章様は、自分の欲求を優先する人ではないので。

さて、ここで気になるのは
「できちゃったか、できてないか」。

まず、孝章様は避妊したのか。
してないと思う。

作品の舞台である明治40年時点で、すでにコンドームはある。
コンドームの歴史 _ コンドーム _ 相模ゴム工業株式会社

1874年(明治7年)
避妊具、性病予防具としての本格的なコンドームが出現しました。


どこまで一般的かは定かでないし、
避妊率は現在のよりは低いであろう。
何より、孝章様にとってはヒナがやってくるのは予定外のはず。

女遊びや遊郭通いをたしなんでて、
用意周到に準備してる孝章様というのもイヤですし。

そして、フィクションだと一発で子どもができるのはお約束。

(1)現代に帰ってから気づく
(2)明治にとどまったまま気づく
の2通りが考えられる。

(1)なら、また明治に戻ろうとするだろう。

ただ、ここまで書いたけど、
特に今後の展開に影響しない可能性もあります。
妊娠したら行動が制限されるし。

何より、ヒナは現代だと高校生なので、
描くにはちょっとグレーな展開ではある。

コトが済んだ後、
「何だ此の光る板は!?」
スマホにびっくり仰天の孝章様。
そりゃそうだ。
粗い白黒写真しか撮れない時代の人ですし。

浅草の雷門の再建については、下記が詳しい。
雷門|聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト

幕末の慶応元年(1865)、浅草田原町からの失火により雷門まで延焼
現在の門は、昭和35年(1960)に松下幸之助氏の寄進により再建


つまり、明治には雷門はなかったと。

もう1つ、「横浜の旧外国人居留地」について。

横浜居留地Q&A - 横浜外国人居留地研究会
上記にある通り、明治40年時点で廃止されてます。

横浜の場合、開港より少し遅れ、
1860(万延元)年初頭、現在の山下町の一部に居留地が設けられ、
順次拡張されました。
条約改正の結果、1899(明治32)年に廃止されます。
しかし、1923(大正12)年の関東大震災まで、
旧居留地には居留地時代とあまり変わらない街並みが存在していました。


明治40年は廃止からまだ8年、
外国人も多く、少女一人でうろつくには危なそうな場所である。
現代でも、夜中は危ないけどね。

ともかく、河内先生きちんと調べて描かれてるんだなと
毎回うならされます。

◆おとなになっても/志村貴子
「先生のことがすごく好きみたいで……」
その「好き」っていうのはどういう「好き」なんでしょうか……。

志村先生、毎回恋の矢印が絡まってる話を描きますね。
どうやって人物関係を整理しているのか。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
あんなに曲がってる階段、
見たことありません。
広い家ならあるのか?

◆おひとり様物語/谷川史子
男同士の話。
そうか、こういうのもアリか。


◎次号
巻頭カラー
「七つ屋 志のぶの宝石匣」

表紙
「無能の鷹」

カラー
「わたしのお嫁くん」
「ミドリくんには触れない」

最終回
「私の町の千葉くんは。」


◎付記
姉妹誌「ハツキス」休刊。
連載作品はPalcy(パルシィ)に移行。
雑誌の時代が終わりつつありますね。

| 漫画・本::Kiss(キス) | 11:41 | comments (2) | trackback (0) |
コメント
きゃしーさん、コメントありがとうございます(*^-^*)
現代人の視点からすると、結ばれてよかったおめでとう、とはなりませんねえ。まして、ヒナは高校生ですから。

ともかく、2か月後の44話も楽しみですね!
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 21/06/30 11:06 | GifWEwd2 |
初めまして。Twitterで涙雨最新話の感想を漁っていてこちらにたどり着きました。
ついに二人が結ばれて感激!という感想が多い中、避妊が頭に突っかかってモヤモヤしてしまい、避妊具の歴史まで調べてしまった私は、素直に作品を楽しめない天の邪鬼なのかしら…と思っていたところなので、同じようなことをされた方を見つけ、嬉しかったです(^-^)
仰るように、かなりグレーなので流石に妊娠は無いかなとは思いつつ…一線を越えた二人の未来と物語の行方が楽しみですね!
コメント失礼しましたm(_ _)m
| きゃしー | EMAIL | URL | 21/06/28 22:27 | HAYXtxWg |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2580
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん