細川貂々「どーすんの? 私」
2008年1月、小学館発行。現在は文庫版あり。
「ツレがうつになりまして。」シリーズで知られる、細川貂々さんのコミックエッセイ。

どーすんの? 私 どーすんの? 私(小学館文庫)

◎概要
高校卒業後、将来が何も決められずフラフラしていた娘さんが、
東京の絵の専門学校(セツ・モードセミナー)に通うことを決めるまで、のお話。

若い頃の迷い道を振り返った、貂々さんの自伝漫画。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

◎内容
埼玉県の、何もない田舎(行田市と思われる)出身の貂々さん。
高校までのんびりと過ごしていましたが、
卒業を機に「進学か? 就職か?」を突きつけられることに。

とりあえず、「何もしないよりは」とアルバイトから始めるのですが、
ことごとく長続きしません。

・さいたま博でレストランの給仕→セクハラ店長に嫌気がさし、1週間で辞める
・おだんご屋さんでパート社員→接客ができず、1か月で辞める
・工場でパートタイム→流れ作業になじめず、20歳で辞める
・別の工場で事務職→男女関係に巻き込まれて苦しむ

職場の人たちがユーモラスな画風で描かれていますが、
人付き合いの苦手な貂々さんのこと、大変な日々だったと想像できます。

最後に、専門学校のパンフレットを見かけたことから、
バイトしながら絵の学校に通うことを決意。
漫画は入学のシーンで終わっています。

この学校で、貂々さんは将来の夫「ツレ」さんと、
親友の「ぐーすちゃん」に出会います。

ずっと自分で考えることもなく、自分で決めることもなく、
人にふりまわされてきたここまでの人生でしたが、
やっと「自分の好きなことをやろう!」と前向きになれたから出会えた2人だったのかなあと思います

(190p)

今思うと高校生の時から「逃げてる」人生だったような気がします。
(中略)
だから自分の人生がうまくいかないことを、他人やまわりのせいにして逃げていたのだと思います。

(190p)

耳が痛い言葉です。
自分も同じようなところがあるので。

どこかで立ち向かわないといけないんですよね。
自分なりのやり方で。

貂々さんは、この後もツレさんと山あり谷ありなわけですが、
そのへんは「ツレがうつになりまして。」「イグアナの嫁」に詳しいです。
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 22:36 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/882
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん