細川貂々「おでかけブック」
2005年6月、大和書房発行。
「ツレがうつになりまして。」シリーズで知られる、細川貂々のコミックエッセイ。
「ぐーぐーBook」に続いて2冊目。


おでかけブック


骨董や小物集めが好きな貂々さん。
東京のレトロな街を中心に、色々な場所をレポートしています。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

◎おでかけしている街・スポット
向島・京島
湯島・本郷・小石川
神田
神楽坂
銀座
谷中
深川
日本橋
麻布十番
空堀商店街(大阪)
世田谷ボロ市
骨董ジャンボリー(東京ビッグサイト)
江戸東京たてもの園
浦安郷土博物館
北海道開拓の村
武相荘
昭和のくらし博物館
東京都庭園美術館
浜離宮恩賜庭園
旧古河庭園
日比谷公園
新宿御苑
小石川後楽園
旧岩崎邸庭園
駒場公園
上野公園
下北沢
西荻窪
京都
岩井海岸
七里ヶ浜
多摩川河口
浅草

東京メインなので、東京観光をする際の参考になります。
ただ、今から十年前の本ですので、お店やスポットがなくなっているかも。
事前チェックは、できるだけしておいた方がいいですね。

自分がやってみたいのは、浅草の七福神めぐりかな。
今でもちゃんとあるのだろうか。

表紙からわかるように、小物や草花をちりばめた可愛らしいタッチの本です。
後の「ツレがうつになりまして。」なんかだと、
独特の荒っぽさというか、ラフな中に味のある絵柄になるけど、
「おでかけブック」はさくらももこさんのコミックエッセイみたい。

各ページも多色刷りで凝ってます。


◎余談:プロフィール
巻末の貂々さんのプロフィールには、
「1997年、集英社『ぶ~け』でデビュー」とある。

しかし、「ぐーぐーBook」などだと「96年デビュー」とある。
どっちよ……小さいことだけど、気になる。

「96年」が多数派なんで、多分こっちが正しいんでしょう。
それとも、96年12月に発売された97年1月号の「ぶ~け」でデビュー、ってことかもしれない。
どうでもいいですね。
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 07:24 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/887
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   06 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん