細川貂々「7年目のツレがうつになりまして。」
細川貂々さんの、夫(通称ツレ)のうつ病をテーマにしたコミックエッセイ。
通称、「ツレうつ」シリーズ第3弾。

細川貂々さん・望月昭さんご夫妻の関連作品の感想は、
カテゴリからご覧ください。

◎内容
2011年9月、幻冬舎発行。現在は文庫版が入手しやすい。
7年目のツレがうつになりまして。 7年目のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

内容は、うつ病そのものというより“後日談”です。

「ツレうつ」がベストセラーになったことで、
貂々さん夫妻もメディアに引っ張りだこに。
作品はドラマ化、続けて映画化もされます。⇒映画版の感想

さらに、結婚13年目にして息子を授かる。
ペットのイグアナが亡くなる。

目まぐるしく変わる日々を、たくましく過ごす夫婦の姿を描いています。

悪く言えばとりとめがない。
良く言えば色々なことがまとめて読める。
二人のその後が気になる方への、ご報告の側面が強いかも。

ドラマ、映画の裏話も書いてあるので、
合わせて読むと面白いです。
公開はドラマの方が早かったが、脚本が仕上がったのは映画の方が先、とか。
ドラマの脚本は映画のものと比べて美談すぎたので、
リテイクを要求した、とか。

貂々さんは売れっ子漫画家になりましたが、
それから他人の作品が“嫉妬で”読めなくなったそうです。

一方で、「色んな漫画読むの大好き」という河原和音さんみたいな漫画家さんもいますね。

自分は、作家じゃないけど貂々さんの側に近いかもしれない。
感情というのは、つかみどころがなくて難しいです。
| 漫画・本::細川貂々/望月昭 | 19:07 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする
コメント受付を停止します。海外からスパム投稿が多いため。
この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/858
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん