古畑任三郎 殺人事件ファイル(三谷幸喜)
「古畑任三郎 殺人事件ファイル」の感想。



古畑任三郎ドラマシリーズのパート1の中から10話をノベライズした本。1994年出版。
ノベライズは脚本家と違う方が行う場合も多いそうですが、この本の作者は三谷幸喜さんその人です。

ドラマ放送当時、ミステリマニアから随分突っ込まれたという三谷さん。
「もうミステリファンをやめようか」とまで思ったそうですが、ノベライズでは突っ込まれた部分を修正しています。

例えば笑福亭鶴瓶がミステリ作家・幡随院を演じた「殺しのFAX」。
ドラマでは「三分でワープロに文章をうって印刷、それをFAXで送信するのは不可能」と古畑が追いつめるくだりがあります。
しかし、FAXモデムを使えば三分をクリアできる。
この点をノベライズは修正し、別のポイントから幡随院を追いつめます。
とはいえかなり偶然に頼っており、やや苦しいのは否めませんが。

大きな違いは、今泉君が全く出てこないこと。
ノベライズでは本筋と関係ないくだりをカットしたため、彼の出番はなくなりました。
「殺しのFAX」「さよなら、DJ」等では重要な役割を演じていましたが、それもカット。哀れ。

パート1の12エピソードのうち、棋士が犯人の「汚れた王将」(犯人役:坂東八十助)と時代劇の殺人「殺人リハーサル」(犯人役:小林稔侍)は収録されていません。
これは、単純に時間不足だったからだそうです。

欠けた部分があるとはいえ、ドラマ版を補強した「古畑任三郎 殺人事件ファイル」、ファンにはおすすめです。

| ドラマ | 23:43 | comments (3) | trackback (0) |
コメント
調べたところ、小説でも、1分でした。
| 幡随院 | EMAIL | URL | 13/07/30 21:35 | E93bwUws |
幡随院さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

「1分後」でしたか……、実は1年ほど前にドラマ版を見直したんですが、聞き違えてましたね。
ありがとうございます。

>今泉は、笹山アリの話で「頭の禿げ上がった刑事」という形容のされ方で、1回登場してます。

実は、こっちはあえて触れませんでした。
まあ、今泉刑事なんで(;´∀`)


このドラマ、もう放映が20年近く前になるんですね。
幡随院はトリックにFAXを使ってましたが、今ドラマを作るとしたら電子メールかSMSでも使ったんでしょうか。
そんなことを考えるのも楽しいです。
| 惣一郎 | EMAIL | URL | 13/07/30 19:31 | Y945Kht2 |
ども、始めまして。

今更ながら、検索しててここに行き着いたので。


幡随院の話について、例のファックスが来るまでの時間ですが、ドラマでは、「3分後」ではなく「1分後」です。


ついでに、今泉は、笹山アリの話で「頭の禿げ上がった刑事」という形容のされ方で、1回登場してます。名前は出ませんでしたが、今泉と見て、間違いないでしょう。
| 幡随院 | EMAIL | URL | 13/07/30 13:11 | E93bwUws |
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/468
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん