ペルソナ4 ドラマCD Vol.2
ペルソナ4のドラマCD第2弾。2009年12月発売。
学園ものイベントの華・バレンタインデーのお話……と思わせて、堂島親子が主役。



バレンタインまで一週間。千枝、雪子、りせの三人は、それぞれの本命を探りつつ準備を進めていた。
それを見ていた奈々子も「お父さんにチョコをあげたい」と宣言。
ところが、普段仕事の遅い遼太郎とはすれ違うばかりで……。

これは脚本がうまいなー、と思いました。
まずバレンタインを話題にしているのに、14日をあえて描かなかったこと。
当日のドタバタならいくらでも話になりそうなのに。
変化球的面白さですね。

それから父娘関係を踏み込んで描いているところ。
途中、すれ違いが続いて奈々子が泣き出すんですが、よくここまで湿っぽいシーンを出したなと。
だから、その後の和解が引き立つんですね。
(なんか上から目線だな)

私は男なんですが、妹がいるので父と娘というのは何となくわかるんです。
ある程度の年頃になると、オヤジは異性の娘のことがわからなくなるんですよ。
そこで対話をしっかりするか、放任するかで分かれるんですね。

もちろん声優さんの演技も素晴らしいです。

ところで疑問点が一つ。
直斗の初登場シーンが25分頃とかなり遅かったのですが、なんででしょう?
メインキャラなのに。

聞き所
「クマさんにも、陽介お兄ちゃんにも上げる」by奈々子……完二は?
「肉に合わない食材はなぁい」誰のセリフかは言うまでもない
逆チョコに張り切る番長と完二
「明日は戦争だ」by陽介
なぜか金縛り体験のカミングアウトになる声優コメント

トラック9、堂島一家の会話のバックで聞こえる会話
クマ「ユキちゃん、かわいい笑顔が、今、なぜかとっても怖い」
完二「いつもだろ?」
雪子「完二くん?」(ブフ)
完二「あ、いえ、でもそこがいいんす」
直斗「そうなんだ」
完二「え、ちょ、ええ〜」
雪子「いいから、食べなさい」(ブフーラ)
完二「だってこれ、でかすぎじゃないすかぁ。バスケットボールかよ、なんて」
雪子「餃子だよ」(ブフダイン)
陽介「諦めて喰え。完二の前に置かれた皿なんだから」
完二「何すかそのルール」
千枝「じゃあ、あたしのもいいよ」
完二「それも強制の選択っす」
陽介「残念だな、材料だけなら肉づくしでうまそうなのになあ。ほんと、天才だよ」
千枝「いや〜、照れますなあ」
| ドラマCD::ペルソナシリーズ | 00:48 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/38
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   06 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん