FEEL YOUNG(フィールヤング)2022年3月号感想
表紙は「女の園の星」。
巻頭カラーは「ジェンダーレス男子に愛されています。」。


FEEL YOUNG(フィールヤング)2022年3月号


次号が出てますので、短めにいきます。

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆ジェンダーレス男子に愛されています。/ためこう
「(メイクは)落とさなくても死なぬ……」

◆私たちが恋する理由/ma2
大島さん、かなり自信のない人だったらしい。
ガタイがあっても案外気弱だったりする。

◆後ハッピーマニア/安野モヨコ
カヨコ、探偵事務所の新人研修。
長田くんみたいな真面目そうな人より、
カヨコみたいなデタラメな人のが向いてるのかも。

今回のパワーワード:サバンナモンキーの青い金玉

◆かしましめし/おかざき真里
今日の料理:鶏団子キャベツ添え

ナカムラは1か所にとどまれない人らしい。

◆やわ男とカタ子/長田亜弓
モモがやたらと藤子を意識しており、
もしかすると三角関係の流れなんでしょうか。

彼がどちらもいけるクチなのかは、よく分からない。

◆再生のウズメ/天堂きりん
主人公は元子役。
28歳で役者を断念し、12年引きこもりの40歳。
年老いた両親と同居中。

業を煮やした両親は、
たぶん、「何でも屋」にウズメを追い出してもらうつもりなのかな。

現代のポピュラーな問題をテーマにした作品ですね。

◆パリパリ伝説/かわかみじゅんこ
「感染者数が天文学的になってきた(かわかみ先生談)」フランス。
お子さんも陽性だったそうで。
若いから回復すると思うけど、
問題は家庭内感染。

◆こっち向いてよ向井くん/ねむようこ
飲み会で元カノと再会した向井くん。
よせばいいのに、2人でコーヒーを飲む流れに。
次号、どんな醜態をさらすか怖くもあり、
楽しみでもある。

うまくいかなかった理由なんか突き詰めても仕方ない気もするが、
こういうのは止められない。

◆おとうさん、いっしょに遊ぼ~わんぱく日仏ファミリー!~/じゃんぽ~る西
次男、食事中に大量に嘔吐。
病院で検査することに。
子どもが小さいうちは大変です。

◆違国日記/ヤマシタトモコ
槙生、原稿に行き詰まるが応援メッセージでやる気が出る。
ファンレターって大事だな、という話。

「がまくんとかえるくん」は、昔読みました。

◆婚姻届に判を捺しただけですが/有生青春
元気なうちに遺言状を準備しとくのは、いいことだと思う。
おばあちゃん、孫に怒られてかわいそう。

◆RUSH/西村しのぶ
布引の滝。
新幹線のJR新神戸駅から徒歩10分で行ける、らしい。

◆発達障害なわたしたち/町田粥
編集のK成さんは、
和山先生に2000字超の熱のこもったDMを送って担当権を得たそうです。
恐るべき集中力。

書類の管理ができないと描かれてるけれども、
現代は処理する情報が多いからある程度仕方ないのでは、
と思うこともある。

このような作品を読むたびに思うのは、
性格が大雑把なのと、
診断で病名がつく人の差はどの辺にあるのか、
という事。
正直分かりません。

◆はぐちさん/くらっぺ
神谷さん、1デザイナーとしては優秀でも、
管理職には向いてなさそう。

◆アヤメくんののんびり肉食日誌/町麻衣
ツッキー、自分がクズ野郎という自覚はあるらしい。

破局かと思ったらまさかの相性バッチリ展開。
好みというのは分からない。

カオリさんはショタコンなわけですね。

◆タンゴール/雁須磨子
白柳くん、清見に情が移りかけてる。

◆SC(シークレット・キャット)部隊/青化
SC=極秘猫部隊
猫と人間のバディものです。

今回は青化先生による猫アクションあり。

◆やがて明日に至る蝉 後編/ひの宙子
児童の性加害を扱った意欲作。
といっても、シーンそのものは出てきません。

◆女の園の星/和山やま
星先生、定期テストの監督をする。

膨大な採点&成績の処理を考えると憂鬱な先生。
この辺がデジタル化される日はくるのか。
難しいでしょうね。
特に公立は。

星先生の娘・みっちゃんはお気に入りの高いヨーグルトしか食べない。

小林先生は電卓を叩くのが荒っぽい。
電卓より、Excelに入力して関数使うのが楽な気もするけど。

◆大川ぶくぶのお日記させていただく。/大川ぶくぶ
ぶくぶ先生、レーシック手術をする。
毎日5種類の目薬をさすのか~。大変。


◎次号
巻頭カラー
「こっち向いてよ向井くん」

表紙
「ゴールデンラズベリー」

「CAT48(仮)」
青化
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 14:54 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2901
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   12 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん