Kiss(キス)2021年4月号感想
表紙&巻頭カラーは「七つ屋 志のぶの宝石匣」。


Kiss(キス)2021年4月号


「のだめカンタービレ」連載開始20周年記念。
紙版のみ、描きおろしクリアファイル付きです。

新装版も発売とのこと。
いまだに根強い人気がありますね。



これまでの感想は
漫画・本 Kiss(キス)

◎作品感想
◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
モーニング(mourning=喪)ジュエリー。
そんな理由つけなくても、石をつけたいんだからつけるでよくないか、とも思う。

◆のだめカンタービレremote/二ノ宮知子
twitterに掲載されてた漫画、だそうです。

言うまでもないけど、冒頭のあらすじはスターウォーズ風。

◆おひとり様物語/谷川史子
30代教師、同棲生活ン何年の彼氏もち。
若者のバレンタインを見て、
かつての甘酸っぱさを思い出す。
そんな話。

「丸めた靴下」
彼氏の生活がだらしないのは直らないでしょうね。
約30年かけて培ったものなんで。

人間が変わるのは、「変わらないと死ぬ」と思った時だけです。

◆ミドリくんには触れない/トヨタトヨ
AV女優のあえぎ声というのは個人的に重要で、
むやみに叫んでるのは、私は萎えます。

ただ、嗜好は人ごとに違うので、
何が正解というのはないですね。

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
ビアフェス、はやみんと古賀をくっつけようと企む赤嶺さん。

邪魔ものの山本くんは酔わせてベンチに放置。
「はいお布団」
段ボール『いばらきのはくさいが笑う』、
こういう柴先生の意味不明なネーミング、大好きです。

◆東京タラレバ娘 シーズン2/東村アキコ
よしお1号とレイチェル、
レインボーブリッジの見えるテラスで
絵に描いたようなディナーデート。

「おべべ」って、よしお1号いちいち言い回しが古い。
いくつなんだ。40前後?

◆世界で一番早い春/川端志季
オリジナル週で、紗香が兄・雪嶋を殺した理由。

・両親の離婚後、母親に引き取られた
・母親との思い出なし
・15歳で家出、オトコの部屋を転々とする
・26歳で父親のわからない子を出産
・栄養不足と疲労から路上で倒れ、病院に
・家で放置されてた赤ちゃんは死亡、懲役2年
・再会した兄は漫画家として成功していた
・恵まれた兄に嫉妬し、思わず包丁で刺殺

結構重い話入れてきますね。

気になるのは雪嶋先輩。
彼にとっては、いきなりタイムスリップのことを知らされて、
情報量が多すぎるはず。
整理できるのか?

◆モトカレマニア/瀧波ユカリ
マコチに言いたい事いって吹っ切って、
次号、水野とカップルになってハッピーエンド?

◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷友紀
周のクソ偉そうなお兄さん襲来。
上流階級の人の考えることはわかりません。

ラスト、周のアレは不意打ちキスだと思いますが、
口じゃなく額などかもしれません。
昔の話なので。

◆Travel journal/海野つなみ
「アマン京都」、ググると
「日本のラグジュアリーホテル&リゾート-アマン」だそうで、
つまり高級ってことだ。

「アマン東京」もあるよ。

◆御手洗家、炎上する/藤沢もやし
終盤ですので、核心に触れない範囲で感想を。

とある人物がカレー食べてるシーン、
グニャ~っとゆがむのが恐怖とあせりを十二分に表現してますね。

それにしても。
親切心からあんなことになったとすると、
やりきれない。
罪滅ぼしといっても、あの一家に計り知れないダメージがあるわけで。

◆私の町の千葉くんは。/おかもととかさ
千葉弟、高校生で誘いテクニックありすぎだろう。

◆アトリエヒライス/谷口リヨ果
お世話になったおばあちゃんの、
ゆるくなった指輪を修理する話。

◆ホタルノヒカリ BABY/ひうらさとる
お友だちのペットを一か月預かることに。
自分以外の可愛い存在に嫉妬するはじめ。

私は、飼うなら柴です(誰も聞いていない)。

◆涙雨とセレナーデ/河内遙
今回は情報が多いです!
3プロットありますからね。
頭の整理が追っつかない。

【孝章様、本郷貿易の密輸を調査】
・孝章母(お妾さん)は、座敷牢のような家で生活してた
・孝章が本郷家に引き取られた数年後に病死
・本郷貿易と超曲商会はアヘン密売でもめてるが、
 かつては手を組んでいた(孝章様の推測)

【武虎と雛子は海辺デート】
・雛子の涙を見た武虎、思わずキス
(傘に隠れてキス自体は見えない)

【ヒナ、菊之進はオルブライト邸の探索中】
・写真の束から、裸の女性のポルノ写真を発見
・ノアが天久一座の女性をそそのかして撮ったもの、と菊は推測
・その写真の中には、少女を拷問するものもあった

たぶん、写真の少女は菊之進の姉、初代天菊。
拷問は本郷章尚(孝章様のパパ)が行ってて、
ノアが章尚を殺したい理由はそれなのだろうか?

◆汐のクローバー/ペップル
読み切り。
亡くした夫と、思い出の貝殻の話。
カエルや鳥がめちゃめちゃデフォルメされてるのが特徴。

ハートフルなんだけど、何かしら「毒」が欲しいな、と思う。

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
ルームソックス編。
大きめの靴を買えばいいと思う。

◆幸子、生きてます/柘植文
おひとりさまの休日。
「午前中スマホいじって時間が溶ける」
2,3年前まで私もそんな感じでした。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
なんでも日付つけちゃう系彼氏。

◆兄弟犬/ともえ
アピールするオスたち。

ラストのコマ、言うまでもないですが
「明日のジョー」の燃え尽きたシーンです。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
タイプ別アイシャドウのつけ方。


◎次号
表紙
「わたしのお嫁くん」

最終回
「モトカレマニア」

巻頭カラー
「ミドリくんには触れない」
| 漫画・本::Kiss(キス) | 00:49 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2429
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん