Kiss(キス)2020年12月号感想
表紙&巻頭カラーは「七つ屋 志のぶの宝石匣」。


Kiss(キス)2020年12月号


これまでの感想は
漫画・本 Kiss(キス)

◎作品感想
◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
甲府編。
一応読んではいるけど、いまだに話がわからない。

◆私の町の千葉くんは。/おかもととかさ
「結婚しようよ」は、性急だったのだろうか。
とりあえず、1人でさっさとお幸せになってる千田くんにもにょる。

◆涙雨とセレナーデ/河内遙
湯治場
二人旅
秘め事
モヤモヤ

今回の孝章様は、とってもご機嫌斜めです。

そりゃ、草津でヒナと菊之進の男女2人きりとくれば、
何も起きないはずもなく……
孝章様じゃなくても邪推するってもの。
嘘だけど。

一方、横浜ではついに、ついにヒナと武虎がまともな対面。

武虎がようやっとツッコんでくれたけど、
ヒナは明治なのに現代の格好をしすぎなのです。
目立つし、怪しまれるに決まっている。

そして、重要なアイテム・タイムスリップの首飾りが再登場。
これがヒナの手元に戻るのは、読者時間で何年ぶりだろうか。

武虎は使い方を教えてくれるんでしょうか。
そんなすんなりとはいかないか。

そして、チヨの「お色気義太夫」っていうのは、
ずばりストリップ……?
(そこかよ)

脱ぐといえば、冒頭のシャツ一枚のヒナもなかなか……
(すいません)

◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷由紀
いちかと周、みちやの兄弟に会いに東京へ。
みちやの回想は断片的ですが、あまりいい思い出はなかったみたいです。
「蛍の墓」で清太・節子兄妹がおばさんの家で疎まれるシーンを思い出した((+_+))

次回の東京夫婦デートが楽しみ。

当時の京都→東京って電車でどのくらいかかったのだろうか。
下記の資料によると、1950年の東京→大阪が、特急つばめで8時間。長いなあ。

関東 ⇔ 関西   どのくらいかかったの? 時代別所要時間比較

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
きみちゃん「ねえ 速見……もうよくわからん」

そりゃ、男嫁って言われてもわからんわ(;^_^A
この漫画、こういうツッコミ役がいなかった。
はやみんと山本くんのWボケ体制だったので。

福岡の古賀、いい人。いまのところは。

ポクチンッ♪(退出)

◆やんごとなき一族/こやまゆかり
健太たちのお母さん、影が薄いけど気の毒で(´;ω;`)ウッ…

◆パーフェクトワールド/有賀リエ
完結まであと3話。

今回はかなりあからさまに幽霊が出てきます。
でも、つぐみの心象風景とも解釈できますからね。

◆ホタルノヒカリ BABY/ひうらさとる
2歳児の唐突なモテ期。
まあ、かわいいもんですよね。
10代後半からのヤった、ヤってないに比べれば。

◆モトカレマニア/瀧波ユカリ
社長の顔、以前より伸びた気がする。

着ぐるみがSNSでバズる(多分)ことで、
次回何かありそう。

◆美しいこと/木原音瀬・犬井ナオ
ヒゲ生えた松岡は完全にガタイのいい男で、
これで女装ってそうとうたくましい女性になりそうな気がする。

◆三日間のメランコリー/神崎その
第41回「Kiss WAVE」シルバー賞受賞作

就活中の大学生と、
仕事にしゃかりきになる会社員、
スマホを取り違えたことから始まる交流。

20代って無茶できるもんね。
遅くまで働いてた頃を思い出しました。

◆おとなになっても/志村貴子
学校の先生は、時としてカウンセラーみたいなこともやらねばならない。
激務のわりに報われない(*_*)

◆カカフカカ/石田拓実
表紙のアオリ「クライマックス直前!!」だそうで、いよいよですね。

流されず決めるようになって、亜希も変わったんだなと思う。
ただ、本行にはやはり流される。色んな意味で。
友達にワケあり物件を薦めるあかりさん。何とも図太い。

もしや、「大島てる」で探したんじゃなかろうか。

◆おひとり様物語/谷川史子
ハロウィン、華やかで遠慮しない、愛されるイトコ。

思うに、性格というのは一生変わらない。
嫌でも許容するしかないのだと思う。

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
スマホ全盛期、腕時計はもはやアンティーク。

◆兄弟犬/ともえ
ゴルちゃんの「みまもるよ」の元ネタはシャイニングかな。

昔、バラエティで撃たれたフリが得意なワンちゃんがいた。
今生きてたらもうおじいちゃんでしょう。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
左右で二重の幅が違うときのアイライン。

◆幸子、生きてます/柘植文
ダメな元彼・たっくんとの再会。
健康食品や宇宙の水……
どう見てもネットワークビジネスです、本当に(ry

◆非モテ女子、今日も安定。/ケイケイ
テーマ:切なさを表す単位。

バーコードの人は、いっそ丸坊主にすればいいと、
いつも思う。


◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
妹の失恋に名前をつける兄。


◎次号
表紙
「カカフカカ」

巻頭カラー
不明
| 漫画・本::Kiss(キス) | 00:29 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2297
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん