FEEL YOUNG(フィールヤング)2020年9月号感想
表紙は「後ハッピーマニア」。
巻頭カラーは「違国日記」。


FEEL YOUNG(フィールヤング)2020年9月号


表紙の右の腕は誰なんでしょう。
フクちゃん?

安野モヨコ展、世田谷文学館にて開催中です。
新型コロナウィルスに気を付けて、行きましょう。
安野モヨコ展「ANNORMAL」特設サイト

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆ヤマシタトモコ『違国日記』
「『厚顔(こうがん)』……キンタマ?」
お嬢さん、学校でなに言ってんですか。

話題は、主に朝の父のこと。
娘にすら「いったい誰だったのだろう」と言われてしまう、田汲はじめ(故人)。
もはや、それに回答が出ることはなさそうです。

はじめの両親(朝から見て父方の祖父母)は全然出てこないけど、
早くに亡くなったのか、縁を切ってるのか。
事実婚でもめたのかもしれん。

いよいよもって、実里がはじめをどうして選んだのか、よくわからない。
でも、両親のなれそめなんて子どもは知らないもんだし、
むしろそんな聞きたくない気はする。

◆安野モヨコ『後ハッピーマニア』
フクちゃん……真っ昼間から元気ですね(-_-;)
とりあえず、お肌と健康のために読みきれんぐらい色々やってるのはわかった。
年下の男が欲情するくらいだから、
見た目35くらいに見えるのかもしれない。

夫婦喧嘩は犬も食わぬと言いますが、
離婚話で面白おかしく盛り上がることもあるんだな、と。

シゲカヨを尾行する男が出てきて、
ますます混乱の度合いを深めるのだった。

◆おかざき真里『かしましめし』
今回の料理

・ロールレタス
・トウモロコシごはん
・ホタテ玉ねぎサラダ
・きゅうりの中華風
・小松菜とアサリ炒め
・玉ねぎディップ
・茄子の味噌田楽

7品目。
すごすぎ。

◆かわかみじゅんこ『パリパリ伝説』
ロックダウン(都市封鎖)後のフランス。

ほぼ登校日がなかったのは、
フランスの学校も日本の学校も同じらしい。

Amazon.frよりAmazon.co.jpで買ったものの方が早く届く。

これ、国民性なのかな。
アマゾン日本法人がすごいのか、フランスのがテキトーなのか。

フィリップさん、使ったティッシュは捨てて( ノД`)

◆ねむようこ『こっち向いてよ向井くん』
中谷さんと親密になりつつある向井くん。

・自分で「ぴょこん」って言いながら出てくる
・スプーンさん

中谷さん、可愛いといえば可愛いけど、
引っかかるのは確か。

断言してもいいけど、
中谷さんはすでに彼氏がいる。
で、向井くんがそれを知らずに突っ走って恥をかく、とみた。

こういうちょっとスキというか抜けた感じの女性、
男はほっとかないんですよ。
実体験があるから間違いない。

◆町田粥『吉祥寺少年歌劇』
新連載。
男性歌劇団の話。宝塚の反対ですね。
宝塚と同じように、娘役と男役がある。

とりあえず、教会の清掃はルンバにお任せじゃダメですかね。

◆じゃんぽ~る西『わんぱく日仏ファミリー! おとうさん、いっしょに遊ぼ』
カイコを育てた思い出。

◆有生青春『婚姻届に判を捺しただけですが』
ビジネスパートナー的な関係を結んだ、
明葉と百瀬さん。

フリーランスというのは仕事をとってくるのが大変なわけで、
私は一生楽なサラリーマンがいいなと思ってしまう。
しがらみはあるけど、それに慣れたら楽なので。

◆志村貴子『ビューティフル・エブリデイ』
付き合うことになったはいいものの、
光一くんは超奥手で手をつなぐこともできないのだった。

でも、かりんちゃんが良ければOK。
恋とは不可思議なものです。

◆長田亜弓『やわ男とカタ子』
細谷さんに攻撃的に迫る久美。
が、細谷さんも細谷さんなりに、言い分があるのだった。

でもまあ、まずはきちんと離婚してからですよね、
やっぱり。

奥さんが浮気してまだ別れないのは、
世間体か、手続き進めるだけのエネルギーがないのか。

きよ香が無理やり断ち切った感あるので、
細谷さんの件は続きがありそうな気もする。

◆加納梨衣『カノジョは今日もかたづかない』
失敗したチョコを深川さんが食べる展開、と予想。
それか深川さんがうまいのを作ったりして。

◆ためこう『ジェンダーレス男子に愛されています。』
めぐる君とわこ、高校生の頃の話。

大学合格後にカレシの部屋行って、
やるかやらないか……別マの「素敵な彼氏」みたいな話。

いいじゃん、フィーヤンなんだから最後までやっても。
悶々としためぐる君が自分を慰める構図は、想像したくない(-_-;)

◆ma2『私たちが恋する理由』
今回は出だしがアダルティ。
人間関係複雑になってきましたが、
黒澤さんがモテモテ、ということでよろしいでしょうか。

◆池辺葵『ブランチライン』
八条寺家の黒一点・岳の話。
養育費を払うだけ、マシな父親……なのか?

◆くらっぺ『はぐちさん』
神社の不思議な少年の話。

◆茜田千『ユア・マイ・サン』
今回メインで出てくる姉妹って、
物語の開始時点では亡くなっているんですね(柱のあらすじによると)。

亡くなってる人の多い漫画だ。

お姉さんの千春がグラマーだった。

◆乃原美隆『無抵抗主義』後編
種明かし回ですね。
前編・中編がとびとび掲載なのでうろ覚えですが、
オズ先輩はいかがわしい薬を作る技術などなかったと。

そして、真也くんはモテ男というより
泣き上戸で母性本能を刺激するタイプであり……、
オズ先輩は手の込んだツンデレだったようです。

ラストシーンさあ、
真也くんオズ先輩のおっぱ(ry

◆大川ぶくぶ『大川ぶくぶのお日記させていただく。』
自粛空け一発目の取材は、TAIKO-LAB。
ぶくぶ先生の実家はダンス教室。

◆西村しのぶ『下山手ドレス別室』
水彩画ワークショップにて。
花の色むらというかにじみというか乾いた感じを出すのは、「塩」だそうな。


◎次号
表紙
「婚姻届に判を捺しただけですが」

巻頭カラー
「アヤメくんののんびり肉食日誌」

「46歳」(仮)
ばったん

連載再開
「からっぽダンスR」
阿弥陀しずく

前回がたしか2018年11月号だから、2年弱ぶりの復活。
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 00:19 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2274
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん