NHK土曜時代ドラマ アシガール(12/最終回)「若君といつまでも!」感想
おのおの方、最終回にござります。

スタッフの皆様、キャストの皆様、お疲れ様でした。
戦国ラブコメディ、しかと堪能いたしました。

公式サイト
アシガール | NHK 土曜時代ドラマ


◎箇条書きあらすじ
・唯、高山勢に左腕を撃たれる
・成之、唯の性別をバラす
・若君、みんなの見てる前で唯をハグ
・宗熊、倒れた父親に代わって和議を決断
・「この忠清の妻になれ」
・唯は側室ではなく正室
・じじいの勘、鋭い
・成之、父と和解する
・戦国花嫁修業
・成之と阿湖姫、あわただしくフラグ成立
・唯はやっぱりアシガール

◎感想
冒頭は、イケメン2人の背中合わせのチャンバラですよ。
戦国ですから、ただ着物でカッコつけるだけじゃなく、
大立ち回りも必要。
NHK殿はよくわかっておられる。

軍議のシーンもそれらしくできてて、
昔の大河ファンとしては嬉しいですね。

成之(松下優也)と再会できて、キラキラしてる若君(健太郎)。
時々、年相応になるよね。18だったか。

若君、苦々しく「たわけ」。
おふくろ様(ともさかりえ)、重々しく「たわけ」。

金(のけむり)玉に続き、
まぼ兵くんまで使いこなす若君。
説明受けただけで練習する時間もなかったと考えると、すごい。
現代での経験が生きてます。

成之「宗熊(加藤諒)はとらえどころのない男にございますな」
お前が言うな。

「この忠清の妻になれ」
戦国プロポーズからのー、
横になってからのー、接吻……はお預けでした。
だと思った。

その後、忠清パパン(石黒賢)に顔見せ。
「唯は天野家の養女」という理屈で、結婚を押し通す。

小平太(金田哲)の父・天野信近(飯田基祐)の後妻がおふくろさまなので、
唯も天野家の娘、というわけ。

加えて側室ではなく正室というウルトラC。
パパンが素直に認めるわけないですね。

このへんの無茶は、まあ元が少女漫画ですから。
中学生がタイムマシン作った時点で
リアリティは脇において楽しんだ方がいいです。

今回の忠清パパは出番が多い。
成之のもとに出向き、
小さい頃にメカケの母親(田中美里)と一緒に城を追い出した事をわびる。

この場面、漫画にあったか覚えていませんが、
「成之の物語」も、ドラマがかなり重要視していたのは確か。
若君と並んで、軸となる人物だからか。
如古坊(本田大輔)の出番も多かったですしね。

唯、奥方修行の中に違和感を覚え、
「自分の本分はやっぱり足軽」と気づく。

「結婚しても、若君を戦場で守りたい」
「そのためなら正室という形にはこだわらない」
途中で「私は若君の足軽だから」ってセリフもあったね。

若君も「ならば、わしはいくさのない世の中を作ろう」。
と、二人のらしい場面でドラマを締めました。

それにしても、全然最終回という気がしませんね。
漫画がまだ未完ということもありますが、
最終回自体が、駆け足で堂々完結、という感じじゃない。

ラストに意味ありげにタイムマシンの刀を出してたので、
続編があっても大丈夫、という終わり方にしたのでしょう。

ドラマパート2?
アシガール the MOVIE?

お待ちしておりますよ。


◎これまでの感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(11)「走りぬけ!愛のために」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(10)「その結婚ちょっと待った!」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(9)「せつないラストチャンス!」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(8)「満月よ!もう少しだけ」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(5)「走れ!初デート」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(4)「ドキドキの夜」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(3)「若君といざ出陣!」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(2)「若君めざして一直線!」感想
NHK土曜時代ドラマ アシガール(1)「見参!戦国女子高生」感想
| ドラマ | 23:36 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2010
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん