被災地に軟式ボールを送りました
大震災発生から1ヶ月が経とうとしています。
被害のあまりの大きさも印象的ですが、それ以上に何かしたい、何かをした、という人の多さも印象に残りました。

例えば、グーグルは発生直後から技術者が不眠不休で情報をまとめるサイトを作りました。
「地震、その時Googleは 「1秒でも惜しい」と怒涛の開発、海外にもバトンつないで」

個人からの募金額が多かったのは皆さんニュースでご存知の通り。

で、私は被災地に野球用品を考えました。
「衣食住が揃わないのに野球どころじゃねーだろ」という考えもありますが、場所によっては充分すぎるほどの食料が配布されているとも聞きます。
それに、子どもたちの遊び道具が不足しているとも聞きます。
ならば、ボールやバットを送ることには意味があるのではないでしょうか。

私と同じ考えを持っている人のために、調べたことをまとめました。

<野球用品を募っているサイト>
「支援用野球用品募集のお願い」
東京にて児童向けに野球の指導を行っているMFT社のブログです。
用品を定期的に東北へ送るよう計画しており、1次便が4/8に出発しました。
私も東京に住んでるので、ボールを2ダース(軟式ボールのB号とC号)送りました。

「野球用品再生プロジェクト」
おおいたの野球塾です。
九州の方はこちらに送ると良いかと思います。

「天神堂ファイターズのブログ」
岩手県久慈市にある少年野球チームのブログです。

<問題点>
野球用品をどの団体に送るにしても、一つ問題があります。
「本当に支援を行っているかどうかがわからない」ということ。
用品をネコババしない保証はありません。
これは出来る限り調べて(電話でどう対応するか等)、自分で判断するしかないと思います。

ちなみに、上記の3団体の中で私がMFTにした理由は、
同社が「ベースボール・クリニック」に寄稿したこともあるからです。

ともかく、できることをやりましょう。
セやナベツネを叩くだけが野球ファンのできることではありません。


| 野球 | 20:12 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/153
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん