開星野々村監督、お疲れ様でした

開星の野々村監督が本日監督を辞任しました。


ここをご覧になっている方はご存じかと思いますが、一応事の経緯をまとめてみます。


(1)22日、開星がセンバツ1回戦で向陽に敗退。
(2)試合後のインタビューで野々村監督が「21世紀枠に負けて末代までの恥。死にたい」などと発言。
(3)23日、高野連から開星に厳重注意。監督が謝罪。
(4)25日、監督が辞任。


ここで元監督を擁護するつもりはありません。若者を導く立場にある人ですから、発言には気をつけなければいけなかった。
ただ一言、お疲れ様でしたと言いたいです。
秋、広陵を降した試合を観戦した限りでは、開星は勝ち進む可能性を秘めたチームでした。


さて、日経新聞がこの件で24日にコラムを書いています。
記事はWEB化していないのでうろおぼえなのですが、そこには「21世紀枠という、通常と基準が異なる制度にも問題はある」と書かれていました。


さて問題とは?


21世紀枠は、秋季大会の成績だけでなく、野球以外の要素(ボランティア等)で大会にエントリーされる制度です。


今のセンバツは秋季大会の上位校と21世紀枠の数校で優勝を争います。つまり、選出の基準が混在しているのです。


もちろん、どんな大会にするかは主催者が決めることですから、基準をバラバラにしてしまってもそれはそれで良い。
しかし、見る者や関係者にどこか違和感を感じさせてしまう。野球が大会というものがシンプルにとらえられなくなってしまう。それが問題だと思います。


21世紀枠は、実力は通常の基準に満たない学校ということ。当然、通常の基準でセンバツに出たチームは実力的には21世紀枠より上、という図式ができます。


野々村監督の「21世紀枠に負けて恥」という発言も、そういう意識があったのだと思います。口に出さないだけで、そう感じる人はいるでしょう。


実力以外の選出基準を設けることは、そういう意識を生んでしまうのです。


今回のことで思うのは、


もし21世紀枠の学校がセンバツで優勝したら、いったいどうなるんだ?


ということです。


そのチームは強者であると同時に、秋の時点では本来センバツに出られる成績ではないが、野球以外で評価される点があった、ということです。


私たちファンは、ニュースはその優勝をどう言葉にするのでしょうか。


01年の宜野座、09年の利府はベスト4まで進みました。ありえない話では、ありません。


3/28追記


野々村監督の辞任に関して、ライターの横尾弘一さんが、「メディアが何をするべきか」について簡潔に書いています。
皆さんもぜひ目を通してみてください。
僕らは神様じゃないんだ - 横尾弘一の「野球とともに生きている」



| 野球 | 23:44 | comments (0) | trackback (0) |
島根・開星の神宮大会出場回数は?

14日から始まる明治神宮大会、中国地区からは島根・開星が出場します。


岡山県民としては戦いぶりも気になりますが、記録マニアとしてはそれより出場回数が気になるところ。


開星は11年前、1998年の神宮大会に出場しているので、普通に考えたら2度目。
しかし、この時開星はある規定違反を犯し、試合記録を無効とされています。
(詳しくは、高校野球「事件史」等を参照)


となると出場回数もリセットされるのか?
主要なニュースサイトを調べてみたところ、過去の違反には触れても回数に名言しているところはありませんでした。


さて、開星は2度目なのか、初なのか。
無論、今の選手やスタッフにはさしてどうでもいいことですが。



| 野球 | 21:56 | comments (0) | trackback (0) |
何で秋季大会の扱いがこんなに軽いの?

10月4日の日記では「スポーツサイトでの国体のニュースは、記録面の扱いが軽い」と書きましたが、各地区の秋季大会でも同じのようです。
どこもかしこもランニングスコアか、文章で試合経過しか載せていない!
よくて投手、本塁打止まり。捕手や長打まできっちり載せているのは、確認しただけではMSN産経のみ。


「秋季大会はセンバツ選考での重要資料」だから、細かい情報を期待している人がいると思うのですが...。
それとも、紙面では載せててWebでは簡略化してるのでしょうか。


ま、とにかくこれからしばらくはMSN産経を継続してチェックすることにします。


| 野球 | 12:14 | comments (0) | trackback (0) |
主要ニュースサイトにおける国体の扱い

タイトルは小難しくなってしまいましたが、つまり「記録面はお粗末!」ということです。
選手権ともなるとどのサイトもプロ並みに詳しく報道しますが、国体となると極端にアバウトになります。


細かく比較してみると、


朝日 得失点のみ
毎日 得失点のみ
日刊 得失点のみ
スポニチ ランニングスコア、投手、ホームラン
サンスポ ランニングスコア、バッテリー、ホームラン


記録面で一番しっかりしてたのはサンスポでした。


つまるところ、菊池君や堂林君の動向さえ報道しておけば事足りるんでしょうね。



| 野球 | 22:05 | comments (0) | trackback (0) |
新たな歴史

今日、中京大中京が7度目の優勝を決めました。おめでとうございます。


相手は県勢初の優勝を目指す新潟・日本文理。どちらが勝ってもドラマチックなカードでしたね。


それにしても新潟が舞台の大河ドラマ(天地人)の年に新潟が準優勝というのもできすぎた話。相手が織田や徳川の領地だった愛知代表というのも含めて。


そういえば07年夏は新潟明訓と山梨・甲府商が対戦して「現代の川中島」と言われていました。この年の大河は「風林火山」だったのです。


大河ドラマと高校野球の関係を調べるのも面白いかもしれません。......でも、毎年更新が必要なものをこれ以上増やしたくもないな。どうするか。



| 野球 | 22:54 | comments (0) | trackback (0) |
「大正野球娘」はありえる

最近、「大正野球娘」という小説が人気があるそうです。内容はそのままで、大正時代にお嬢様がチームを作って野球をする話だとか。
そのうち読んでみるつもりです。


大正時代の女子野球について資料は全然持っていませんけれども、一つ面白いエピソードを紹介します。


かつてプロ野球に三原脩という監督がいました。西鉄時代には個性的な選手を率いて1956,57,58年と日本シリーズ三連覇を果たすなど、名監督の筆頭に上がる人物です。


その三原さんに最初に野球を教えたのはなんと資産家の娘さんだったそうです。


小学校時代の三原さんは草野球に熱中していたのですが、そこに三原さんの姉の友人が加わります。彼女はどこを守らせてもうまく、とりわけ投手をさせると誰も打てませんでした。


その上、お嬢様育ちでありながら男勝りの性格と気っぷの良さで、三原少年たちのリーダーに収まってしまった、というのです。
三原監督が自著で「私が野球にのめり込むきっかけ」とまで書いた女性。現代に生まれていたら相当すごい選手になっていたかもしれません。


三原さんは明治44(1911年)生まれ。少年時代というと1920年代。つまり大正年間に当てはまります。


というわけで、大正時代に女子野球チームがあってもいいんじゃないか、と思っています。 


参考文献「魔術師 三原脩と西鉄ライオンズ」(立石泰則著)



| 野球 | 23:56 | comments (0) | trackback (0) |
追悼

16日、元東京都高野連理事の佐藤道輔(さとう・みちすけ)さんが亡くなりました。71歳。ご冥福をお祈りします。


佐藤さんは昭和12年生まれ、宮城県仙台市出身。仙台二高時代は投手と内野手でした。


早大卒業後、社会科教師として都立大島高校にやってきたのが昭和36年。そこから一貫して野球部の指導を続けています。


以降都久留米、都昭和の監督を経て、最も有名なのが都東大和高の監督時代。2度(1978年、85年)西東京大会準優勝という成績を残しています。


その足跡を記した自著「甲子園の心を求めて」シリーズは、公立校を指導する監督のバイブルとなっているそうです。


☆「甲子園の心を求めて」シリーズ(計4冊)
甲子園の心を求めて」(1975年。1979年に新版、1999年に改訂新版あり)
続甲子園の心を求めて」(1979年)
新甲子園の心を求めて」(1992年)
ふたたび甲子園の心を求めて」(1998年)


しかし、東京都高野連のページはお悔やみなどは載せないんですね。長年の功労者の筈なのですが...そんなもんなのかな? 



| 野球 | 23:20 | comments (0) | trackback (0) |
センバツ決勝カードの再現

以前mixiの「高校野球クイズリレー」というトピックに書き込んだ」ネタを再録します。


話は簡単、「センバツの優勝校と準優勝校が夏に対戦したケースはいくつあるか?」というのを調べてみました。


私の調べた限りでは7回あります。左がセンバツでの優勝校です。


1925年 松山商3-8高松商 四国大会準決勝
1932年 松山商3-0明石中 甲子園準決勝
1938年 中京商0-1東邦商 東海大会愛知予選2回戦
1939年 東邦商6-5岐阜商 東海大会1回戦
1948年 西京商3-2西陣商 京滋大会京都予選1回戦
1958年 済々黌5-0中京商 甲子園2回戦
2007年 常葉菊川6-1大垣日大 甲子園準々決勝


地方予選での対戦が4度、甲子園での対戦が3度あったわけですね。


よく知られていることですが、昔の予選は「1県1代表制」ではなく、複数の県から1校選ぶのが普通でした。
特に強豪が固まっている東海や四国大会で、センバツの再現が多かったわけです。


その中でも例外は西京商-西陣商。センバツでは京都一商、京都二商という名前でした。リベンジマッチがいきなり予選の1回戦で実現したわけですから、盛り上がったでしょうね。


同県勢でのセンバツといえば、1941年の東邦商-一宮中、1972年の日大桜丘-日大三というケースもありました。
しかし、1941年は戦争により予選が中止となり、1972年は日大三が都戸山に敗れているためいずれも再戦はしていません。


さて、今年の夏、清峰と花巻東が対決するにはまず予選を勝ち抜かないといけません。どちらもプロ注目の投手を擁するとはいえ、厳しい道のりになるでしょう。



| 野球 | 13:06 | comments (0) | trackback (0) |
神奈川県勢、春季関東大会通算161勝

多分誰も気にしませんが、タイトル通り春関における神奈川県勢が通算161勝を記録しました。


開始前の時点で通算159勝。ここに横浜、横浜商大高がそれぞれ1勝して2勝を上積みしました。2校の勝利は同日で違う球場でしたので(横浜は高崎城南、商大は県営敷島)、どちらが160勝目かは私にはわかりません。


ちなみに他県の通算勝利数は、東京135勝、埼玉129勝、千葉106勝......と続きます。神奈川県がいかに他県を圧倒しているかがわかりますね。
秋の関東も神奈川が通算128勝でトップ。他の6県の勝利数はまだ2桁ですから、ぶっちぎりと言っていいでしょう。


センバツには慶応が出ましたが、神奈川には強いチームがいくらでもあります。そこが関東で勝ちを稼げる理由でしょうね。


今回の記事は独自の集計をもとにしています。資料をネット上に置いておきますので、マニアな方は自分のものと付き合わせてみて下さい。資料:kanto.lzh


| 野球 | 23:36 | comments (0) | trackback (0) |
関東大会出場経験校が多い県、少ない県

5月16日から始まる春季関東大会に、千葉明徳が初出場します。どんな相手と戦ったのかはわかりませんが、激戦の千葉を勝ち抜いての出場は価値あるものです。


さて、本題に入りましょう。


千葉県はなぜか関東大会を経験した学校が多い県です。1948年秋に出場した千葉高校(現・県立千葉)を皮切りに、千葉明徳を含めて44チームもあるのです。
といっても他の県と比較しないとわかりませんね。
2009年春までに、各県が関東大会を経験したチームの数は以下の通りです。


茨城:45
埼玉:44
千葉:44
東京:30
栃木:29
群馬:29
神奈川:28
山梨:27
※注 現存している高校のみをカウント


茨城、千葉、埼玉の学校数の多さが目立ちますね。他の1都4県が30以下なのに比べると、この差は顕著です。


原因は何でしょうか。思うに「中堅チームが多いこと」にあると思います。


どの県でも甲子園を狙える(=地区大会出場できる)レベルにある高校が複数あり、それが上位層を形成しているものですが、時にはその層を突き抜ける中堅チームがあります。


千葉、埼玉、茨城は、そういった中堅チームが比較的多いのではないでしょうか。現に2008年秋の関東でも、茨城は水戸桜ノ牧、埼玉は川口青陵という新顔が登場しています。


逆に3県以外のチームは、県の上位に残れるチームがある程度限定されているのでしょう。特に東京は高野連加盟校が約250ありながら、関東大会経験校は30ですから、上位はほぼ固められていることになります(甲子園経験校も32、但し他県に移転した立教新座と慶応除く)。


もちろん、これはいい悪いとは別の話です。



| 野球 | 19:07 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん