共有フォルダの設定が勝手に消える場合
仕事での問題と、解決事例をメモ。

サーバ内の共有フォルダの設定が勝手に消えてしまい、クライアント機から参照できなくなるという事態が発生。

<環境>
Windows 2003 server

<推測される発生条件>
(1)共有フォルダ配下に大容量のフォルダがあった(事例では約100GB)
(2)その共有フォルダを、クライアント側でネットワークドライブに指定していた

クライアント側でネットワークドライブに指定されたフォルダは、クライアント機が起動されるたびに中身をチェックするらしいです。
そこで大容量のフォルダが含まれると、負担になってしまうとか……。
これに関しては推測なので断定はできません。

ネットワークドライブに指定しなければ(単に共有フォルダを設定するだけ)、上記の問題は起きないようです。
| Windows | 00:02 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/450
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん