NHKスペシャル 世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ
NHKオンデマンドで「NHKスペシャル 世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ」を見ました。
カリスマから一気に神様になってしまったジョブズ。
50分足らずで理解したつもりなどなれませんが、印象に残ったシーンをいくつか。

ゼロックス パロアルト研究所
ここで研究されていたマウスカーソルとウィンドウ、いわゆるGUCにジョブズが驚愕。
「どうしてこれを商品化しないんだ」と言ってマッキントッシュに取り入れました。
でも、そう言われればなぜ研究所の人たちは商品にしなかったのでしょう。
予算の問題? 開発者が上層部を説得できなかった?

若いとき(20代)のジョブズの写真
ヒゲのないひろゆき(旧2ch管理者)さんに似ている。

出自
ジョブズは実の両親に捨てられており、その事を負い目に感じている、というのが前半のテーマでした。
自分は捨てられるような無価値な人間ではないことを証明したい、というのがパソコン開発の原動力になったと説きます。

そういう過去がありながら、23歳で恋人との間に授かった娘をかなり後になるまで認知していません。
親にされたことを、子供は無意識に繰り返してしまう。
この辺は人間ジョブズを見た感じです。

マッキントッシュ自身に自己紹介
新製品お披露目の際、マックの映像・音声再生機能を使い、あたかも自己紹介しているように見せるというパフォーマンスをとります。
うまいと思いますが、作動しなかった時のことを考えると怖い。
相当リハーサルしたことでしょう。


なかなか面白かったので、伝記も読んでみようかな。
| Mac | 22:21 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/446
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   05 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん