映画「ゴジラ-1.0(ゴジラマイナスワン)」感想
プライムビデオで視聴。
面白かったです。
平成のゴジラシリーズで育った者としては、令和もゴジラの新作が観られるだけで満足。
山崎貴監督、スタッフの皆さん、キャストの皆さん、ありがとう。

以下、細かい感想。

怪獣映画は、
メインディッシュの怪獣が出てくるのに時間かかる場合もあるが、
5分で登場。
核実験で巨大化する前だけど、充分怖い。
まずここがいい。1番打者・大谷ぐらいのサービス精神。

なおかつ、CGの怪獣と人間が違和感なく収まってる。
ほんと最近の映像技術はすごい。

大戸島のシーン以降は、
敷島(演:神木さん)が典子(演:浜辺さん)・明子と疑似家族を作ったり、
ゴジラの殺戮がフラッシュバックして苦しむシーンが描かれる。

ここが正直かったるい場面。
人間ドラマはいいから、ゴジラにさっさと上陸して暴れまわって欲しい。
国会議事堂や政治家の家をぶっ潰して欲しいのだ。

ただ、最後まで観ると意味がわかる。
敷島に「刺し違えてでもゴジラを絶対に殺す」と決意させる必要があったんだと。

後半、わだつみ作戦が開始してからはノンストップ。
テンポ良く楽しめた。
秋津さん(演:蔵之介さん)、
「やったか?」は「やってない」フラグですよ。

続編への含みをもたせるラストも良かった。

「ゴジラ-1.0」は、戦後間もない、ろくな武装もない日本が、
ゴジラとどう戦うか、という話。
強大な敵に立ち向かうという骨格がしっかりしている。

もう一つは、やはり映像。ゴジラに作りものっぽさがない。
銀座で暴れ回るシーンは傑作。

ゴジラの武器は熱線。
チャージに時間がかかるのと、
一発撃つと体にダメージを負うので回復が必要、
という特徴がある。
チャージは男のロマンですから、いいと思います。
宇宙戦艦ヤマトの波動砲とかね。

なんで、ゴジラが広大な太平洋から、
わざわざ日本の東京に上陸するかというのは長年の疑問。
エサなら、クジラなど海にいくらでもありそうだし。
でも、これは「そういうものだから」でいいと思う。

年々、集中力が衰えてきてまして、
2時間のコンテンツというのは自宅だと途中で気が散ってしまうことがしばしばある。
でも、「ゴジラ-1.0」は最後まで観られました。
飽きのこない作りになってると思います。

人物の中で印象的なのは、安藤さんが演じてる澄子。
敷島の近所に住んでる、口は悪いけど世話好きな女性。
年配の女性に見えたけど、安藤さんの実年齢・38歳というのを考えると、
すごい演技だなと。
プロの役者さんだから当たり前かもしれないけど。
| 映画 | 17:28 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする
コメント受付を停止します。海外からスパム投稿が多いため。
この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/3562
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん