「NICUで見かけたパパが凄かった話」で思う
ふくふくさん (@fukufuku_diary) のツイートが一部で話題になっている。



メディアで記事にもなっている。
保育器の前でマシンガントーク1時間半 愛あふれるパパの漫画にほろり「真のイケメン」

これが父親の理想だとか、このブログでそんなことを論ずる気はない。
家族のかたちは家族の数だけあると思うから。

それより、NICUにほぼ毎日通う同じ父親としては
「SNSに晒すことに関して、
このパパに了解はとったのかな?」
というのが気になる。

もう一つ、
「他の家族をエッセイ漫画のネタにするほど
じっくり観察するのはどうなのか?」
というのもひっかかる。

NICUに通う低出生体重児(37週未満の低体重で生まれた赤ちゃん)の両親というのは、
様々な葛藤を抱えている。

肉体や臓器が未成熟で生まれており、
様々な合併症の危険がある。
この子は退院できるのか。
退院後も無事に成長できるのか。
学校に行けるのか。
大人になれるのか。
1人で生きていけるのか。

母親は早く生んでしまって申し訳ないと、
心のどこかでずっと気にしている。
父親はそれを防げたんじゃないかと思っている。
そういう不安を抑えて、NICUに面会に来ている。

それを思えば、じろじろ観察するものではないし、
NICUで見たことは自分の中にしまっておくものでは?

少なくとも私は、自分の知らないところで晒しものにされたくはない。
もちろん、紹介されてるパパのような褒められることはしてないけど。

エッセイ漫画でご自分のことならいくらでもネタにすればいい。
でも、ヨソの家庭は、あなたが「いいね」を集める道具じゃない。

もちろん、撮影や録音をしたわけじゃなく、
個人を特定できる情報はない。
だから法的には何ら悪い事はしてない。

ただ、私が個人的に引っかかるだけではある。
| 雑記 | 23:47 | comments (x) | trackback (x) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
<<   02 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん