FEEL YOUNG(フィールヤング)2022年7月号感想
表紙は「アヤメくんののんびり肉食日誌」。
巻頭カラーは「かしましめし」。


FEEL YOUNG(フィールヤング)2022年7月号


「アヤメくん~」、祝連載100回。
120万部突破。

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆かしましめし/おかざき真里
今回は、ホットサンドメーカーを使ってハムチーズサンドなど。

社内恋愛は、時としてダメージを受ける。

◆おとうさん、いっしょに遊ぼ ~わんぱく日仏ファミリー!~/じゃんぽ~る西
次男、両親と別れて入院する。
病院に問い合わせの電話もできないとは。

◆アヤメくんののんびり肉食日誌/町麻衣
アヤメ、仁英、桐生、福井恐竜博物館へ。
ワニや貝、カメは何億年も前から姿が大きく変わっていないらしい。
その時代から完成されてたのかな。

「ペトロプテリクス」
ペトロプテリクス・フクイエンシス(Petropterix fukuiensis)
新種のゴキブリ類の化石が、
福井の手取層群北谷層で発見されたそうな。
手取層群北谷層から発見された新種を含むゴキブリ類化石について|恐竜博物館の調査研究|FPDM_ 福井県立恐竜博物館

◆婚姻届に判を捺しただけですが/有生青春
百瀬母の登場。
熟年離婚ならぬ、熟年別居を考えているらしい。

見た感じ、人当たりの良さそうな人だが、
ヒロインとヒーロー母のファーストコンタクトというのは、
一筋縄ではいかないものです。
だいたいね。

◆やわ男とカタ子/長田亜弓
ダウナーな感じの黒マスク男・羽生はバツイチらしい。
しばらくは彼と久美の話のようです。

他人の手に勝手に触れるのはいけません。

◆溺れる日々はきみのせい/深澤ねじ
新連載。

恋人は会社の同期、
会社ではできる営業、そして2人の時は超甘やかしてくる。

独占欲の強い彼氏、はここ数年のトレンドですね。

知ってるだけでも
・抱きしめてついでにキスも
・花野井くんと恋の病
・みにあまる彼氏
・わたしのお嫁くん
多数。

◆ジーンブライド/高野ひと深
蒔人母登場。
この母にしてこの息子ありというか、
言動が思わせぶり。
謎かけなんかせずに、素直に教えてください。

後半は、学園時代の依知と恵波の話。
男子生徒に襲われたんだと思うけど、
スカートや盗撮というのは、
寮内の女子による嫌がらせだったのだろうか。

◆こっち向いてよ向井くん/ねむようこ
美和子さん、やっぱり向井くんと付き合ってるつもりではなかった。

向井くんは変にマジメなので、
割り切って時々カラダだけの関係、になるなんてことは考えられない。

さてはて、次回はどんな醜態が見られるのやら。

◆違国日記/ヤマシタトモコ
槙生の中学時代の話。
演劇部の脚本を書いたことが、
作家生活の始まりだったらしい。

槙生は家族の共有スペースに書類を置きっぱなしにする人で、
お姉さんは、それが我慢できない性格だったと。
とことん水と油の姉妹だったみたいです。

◆カノジョは今日もかたづかない/加納梨衣
深川、あやかと直接対決。
怖い人でした。
夜に日本人形みたいなビジュアルだと、余計怖さが増す。

◆私たちが恋する理由/ma2
割と受け身だった大島が、初めてアグレッシブになった回。

◆そろえてちょうだい? みちくさ編/いくえみ綾
ブン、2020年7月30日に亡くなる。
しばらく休んでたのはそのためだったんですね。

◆RUSH/西村しのぶ
「最高の間男」って、
褒めてるのか、けなしてるのか。

◆ジェンダーレス男子に愛されています。/ためこう
岬、桜子にフられる⇒ダサくなる⇒またカッコよくなる

桜子からキラに告白したらしいけど、
キラは普通に女性と付き合うんですね。

◆ブランチライン/池辺葵
職場の同僚の不倫話なんか聞かない方がいいですね。
トラブルの元です。

◆再生のウズメ/天堂きりん
最初の仕事が「浮気相手の代行」。
なかなかハードな。

カツラをつけるときは、
元々ある髪を網みたいなやつでまとめるんですね。

◆はぐちさん/くらっぺ
梅雨の話。

◆タンゴール/雁須磨子
白柳、清見と数年後にビジネスで再会。

数年経っても清見との一件がトラウマな白柳。
どんな確率でそんなことがあるんだという気もするけど、
とにかく白柳がかわいそう。

◆大川ぶくぶのお日記させていただく。/大川ぶくぶ
KOBEとんぼ玉ミュージアム、とぶくぶ先生のサイン会。
おのれ竹書房。


◎次号
フィールヤング31周年記念

表紙
「女の園の星」

特別付録
「女の園の星」ステッカー

巻頭カラー
「後ハッピーマニア」

連載復活
「うどんの女」
えすとえむ

連載再開
「中学聖日記」

「ゴールデンラズベリー」
第25回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞記念インタビュー
持田あき
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 11:44 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/3020
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   12 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん