Kiss(キス)2022年1月号感想
表紙&巻頭カラーは「わたしのお嫁くん」。


Kiss(キス)2022年1月号


柴なつみ先生、クッキー掲載時代には表紙も巻頭カラーもない、はず。
Kissで人気出て良かったです。

ところで、「あさきゆめみし」トリビュートがWebで公開されてました。
もとはKiss2016年8月号に載ってたものらしいです。
未読の方は必見。

あさきゆめみしトリビュート - Palcy (パルシィ) - 講談社とピクシブ発の少女マンガ、女性マンガアプリ

河内先生の着物!
そして東村先生、創作ダンスって(;^ω^)

これまでの感想は
漫画・本 Kiss(キス)

◎作品感想
◆BE:FIRSTスペシャルピンナップ
メンバー7人が、Kissの主要作品のメンズの格好をする。
一番似てるのは、周(あまね)の格好してるRYUHEIさん、かな。

インタビュー記事もあります。

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
山本くん、年末にはやみんの実家にご挨拶。
登場したのははやみん父のみ。
母と姉はどんなファンキーな人物なのか、今から楽しみ。

はやみんの下の名前は「穂香」。
今まで山本くんは「先輩」としか呼んでないので、
名前呼びのお楽しみがありますね。

◆ミドリくんには触れない/トヨタトヨ
ミドリくん、腹筋割れすぎ。
アイドルってあんなに鍛えるのか。

◆涙雨とセレナーデ/河内遙
タカ「おらも… 章さんもオルブライトの罠から抜け出す事なんで出来ねえのさ」
罠って何!?
おタカさん、思わせぶりな事だけしか言ってない。

13ページのあどけない娘が、
15ページのドン底を味わった女の顔になる。
まあ、足切られてるしねえ。
それ以外にもひどい目に遭わされてそう。

「貢がれ上手の天菊」
自分で言っちゃう菊之進。
今までは、言い寄る女性に事欠かなかったと思われ。
でも、初めて自分に振り向かない女性を好きになったと。
当て馬の悲しさよ。

麻雀をする山城先生。
「滅多にお目にかかれぬ貴重な道具を使う遊び」とある。
下記のサイトによると、麻雀が日本に入ってきたのは
「1920年代初めの大正末期から昭和初め」。
涙雨は明治40年(1907)なので、入ってくる前。

麻雀の歴史 - 全国麻雀業組合総連合会

しかし「罠」ってなんなんだ。
人身売買の片棒かついでるから、
その罪からは逃れられないという事か、
まったく別のことなのか。
来月が早くも待ち遠しい。

【長い考察】
1巻5話でヒナにネックレスを渡す「ひいばあちゃん」(曾祖母)は
雛子はなのでは、というのは初期から言われている。

年代を考えると、ひいひいばあちゃん(高祖母)じゃないかと思う。

涙雨の舞台は明治40年(1907)
雛子がこの時点で高校2年のヒナと同い年とすれば、
1907-17=1890年生まれ

涙雨の連載開始は2015年
ヒナが仮に2015年時点で17歳とすれば、
2015-17=1998
⇒キリよく2000年生まれ、とする

つまり、2人の間には約110歳差がある、と考えられる

ヒナの曾祖母が雛子とすると、110年で4世代
雛子-○-○-ヒナ
それぞれの世代が、平均36or37歳で子どもをもうけることになる

雛子 1890

子 1927

孫 1964

ひ孫(ヒナ) 2001

現代ならともかく、
明治~戦前はもっと早いサイクルじゃないかと。
それこそ20歳前後で。

ヒナの高祖母が雛子とすると、110年で5世代
雛子-○-○-○-ヒナ
それぞれの世代が、平均27or28歳で子どもをもうけることになる

雛子 1890

子 1918

孫 1946

曽孫 1974

玄孫(ヒナ) 2002

5世代の方がしっくりくるかな、と。
つまり、5話の「ひいばあちゃん」は、雛子の娘にあたる人物ではないか、
と考えてます。

まあ、4世代でも5世代でも、
物語的に影響はないと思いますが。

◆無能の鷹/はんざき朝未
リモートワークしてるアドレスホッパー(住所を定期的に変える人)を追跡せよ、の回。

たしかに、プログラム開発メインならもはやオフィスに行かなくてよい。
でも、アドレスホッパーの人って、
選挙や役所の手続きはどうするんだろうね。

◆やんごとなき一族/こやまゆかり
「後継者は男の子」と決まっている深山家では、
女の子を産んでも祝福はされない。
直系の男子が続くことが重要。

天皇家と一緒ですね。
いまの状況で例えると、
「愛子さまと将来のお相手との間に生まれた子どもを、
次世代の天皇と認められますか?」
ということ。

一族で企業経営を続けていくには、
直系の男子が継いでいく方がもめ事が少なそうなのはわかる。
でも、そろそろ仕組み変えたら?
会社は継ぎたいやつが継げばいいんでないの。

◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
非加熱(ノーヒート)の石、の話。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
肉屋さんの中に「いい男」がいる。

◆おとなになっても/志村貴子
朱里の心の声がデカい。
今でも綾乃にゾッコン。

◆同居人はねこの根古さん/青化
お茶菓子⇒うまい棒。
いわゆる「わらしべ長者」的話です。

◆兄弟犬/ともえ
恐怖の犬の入浴(犬にとっては)。
2頭も洗うのは大変ですよ。

◆僕らが恋をしたのは/オノ・ナツメ
まだ修羅場は始まらなさそう。

◆古オタクの恋わずらい/ニコ・ニコルソン
委員長がオタクを嫌う理由は、根深いものだった。

「あのガンのつけ方は痴皇(ちこう)に対する骸(むくろ)並だ」
「幽遊白書」の最終盤に出てくる奴隷商人ね。
またマニアックな……。
なかなかグロかった記憶が。

◆アレンとドラン~その信徒と隣人/麻生みこと
エドガーとリンダの交際スタート。
部屋が隣同士だから半同棲みたいなもん。

色々フぬけてしまったリンダは3年の単位を3つ落とし、
大学4年へ突入。
就活戦線異状アリ。
エドガー、エッチも経験豊富そうだからなー。

自分を律するというのは、
そう簡単にできるものではないです。

◆けむたい姉とずるい妹/ばったん
姉妹のうち、お母さんは姉の方をかわいがっていたらしい。
そういうの、大人になっても引きずるんだよな。

◆ハマる男に蹴りたい女/天沢アキ
初対面で相手の住居をクサしてはいけない。

◆サギ、欲情に鳴く/奈良原せつ
回想シーンの上木の両親が怖すぎる。
「きちんとしてる家庭」の歪み。

◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷友紀
昭和27年末~28年正月。

山口家3兄弟の次男・栄が桑乃木にやってくる。
こういう表面上にこやかなイケメンが、一番食えないんですよ(偏見)。
スレイヤーズのゼロスとかね。

劇中で昭和25年の金閣寺の火災に触れてます。
三島由紀夫の小説の元ネタになった事件ですね。

八坂神社の「をけら詣り」……お金が溜まらなそう。

◆幸子、生きてます/柘植文
図書館司書の飯田さんは、アリかナシか。
幸子の妄想がいちいち不幸でおかしい。


◎次号
表紙
「ミドリくんには触れない」

読み切り
「謎めくコンセントプラグ」
あんじちこ

読み切り
「円と横糸(仮)」
石田拓実
| 漫画・本::Kiss(キス) | 00:35 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2778
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   01 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん