FEEL YOUNG(フィールヤング)2021年7月号感想
表紙&巻頭カラーはジーンブライド」。


FEEL YOUNG(フィールヤング)2021年7月号


「私の少年」の高野ひと深先生、
新連載をひっさげフィーヤン初登場。
フィーヤンらしく「攻めた」作品だと思います。

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆ジーンブライド/高野ひと深
女性であるがために、仕事で軽く扱われて不完全燃焼なヒロイン。
そこに小学校の同級生と再会し、というお話。

冒頭、ヒロインの諫早依知のランニング途中に会った変態が
ハァハァ言ってますが……
多分オナニーをやってますね。
高野先生、中々の先制パンチ。

◆ジェンダーレス男子に愛されています。/ためこう
「ギムナジウム… 棒タイ… 半ズボン… 少年愛…」
もろ萩尾望都先生の世界だな。

ためこう先生の「ドラマ撮影現座レポート」あります。

◆アヤメくんののんびり肉食日誌/町麻衣
桐生先輩と仁英のただれた同棲生活。

計28ページで何回脱いでんだよ(;^_^
桐生先輩は理性的かと思ったら、全然そんなことはなかったです。
このだらしなさは、
アヤメ&椿のカップルが、書類作ってきちんと同棲してるのと対比なのかも。

そしてツッキーの無駄な観察力。
さすが学者。

14ページ目のツヤツヤしてる桐生先輩。
女性はタフだな。いろんな意味で。

「王の不時着」というのは韓国ドラマ「愛の不時着」のパロディと思われ。

◆ブランチライン/池辺葵
山田は母親が不倫してる時期にもうけた子らしい。

「おぞましいと思った
だけどそのおぞましい行為の上に自分がいる」
池辺先生は、ときどきパンチのあるモノローグを描かれる。

◆婚姻届に判を捺しただけですが/有生青春
祝・TVドラマ化。
フィーヤンは定期的にメディアミックスありますね。

本編はというと、
新キャラのイケメンデザイナー・正木と明葉の接近に、
百瀬は気が気でない。

じゃあ別れなきゃ良かったのに……。

◆そろえてちょうだい? ぷらす/いくえみ綾
良薬は口に苦し、は猫も同じみたいです。

◆かしましめし/おかざき真里
冒頭のシーンは「事後」には見えない。
蓮井の「多分思ってるような関係じゃない」と言ってますし。

「言うことでしんどくなるタイプの人間もいるからな」
うむ。

◆女の園の星/和山やま
今回は6ページと短め。
次号が表紙だからそちらに時間を割いてるものと思われ。

小林先生「…また飲みに連れてってください」
中村先生「うん」

小林先生、甘え上手。
そして、中村先生がカタギに見えない。

◆パリパリ伝説/かわかみじゅんこ
「ソーシャルディスタンスぐま」、
汐留の某バーで見たことがある。

客を1つおきに座らせるため、
椅子に置いてるクマのぬいぐるみのことです。

◆私たちが恋する理由/ma2
部屋と後輩男子と私。

「坂元くんみたいな子
同世代には"いいひと"で見過ごされちゃうんだろうけど」

わかるー。
若いうちは、こういう人は「つまんない男」扱いなんだよ。

◆違国日記/ヤマシタトモコ
生前の父・はじめについて探る朝。
システム部所属だからエンジニアですね。たぶん。

高校では、うまい1年が入ったせいか軽音部の主力から外れる。
パッとしない高校生活の行く末はどうなる。

◆ムサシノ輪舞曲/河内遙
阿川の着てるのは作務衣なのか、甚平なのか。
ググると作務衣のようです。
作務衣のズボンは足首まで、甚平はひざ下。
阿川のは明らかに長ズボン。

それはさておき衣笠はなんか隠してる。
そんな顔してます。

◆こちらから入れましょうか?…アレを/松田環
最終回。
お疲れ様でした。

優がおめでた。
そんな中でも「する」「しない」の話になるのが、
この作品らしいと思う。

男同士のシーンがあるのが
この作品の評価の分かれるところですが、
少なくとも私は楽しめました。
はしたないようで純愛を描いてるのが、いいと思う。

そして相変わらずモテる加持。
真理は今後も苦労しそうです。
やっぱ、キンタマ1個ぐらい蹴りつぶしてもらった方が
良かったんじゃないの。

◆わんぱく日仏ファミリー! おとうさん、いっしょに遊ぼ/じゃんぽ~る西
3歳の次男が喜ぶ絵本。
ふだんの西先生のタッチとは一味違う。

◆吉祥寺少年歌劇/町田粥
読んでいません。

◆下山手ドレス別室/西村しのぶ
「くまぶしくん」は金峯山寺のサイトで売ってます。

◆はぐちさん/くらっぺ
「じゅみょう」君は遠出できないらしい。

◆ねこのがっこう/青化
猫だらけの「注文の多い料理店」。
見開きで猫を数十匹描く漫画も珍しい。

◆大川ぶくぶのお日記させていただく。/大川ぶくぶ
ミールキットでイタリア料理を作ろう。

料理のできない人あるある、分量を測らない。


◎次号
フィーヤン創刊30周年

安野モヨコ&和山やまのW表紙

巻頭カラー
「後ハッピーマニア」

番外編
「女の園の星」

付録
「女の園の星」
クリアファイル

最終回
「吉祥寺少年歌劇」
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 09:09 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2572
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん