保険について考える
家族のすすめで、保険に入ることに。
メットライフの方と合って、説明を受けました。

【要点】
・生命保険には定期、養老、終身の3種類がある
 └定期(一定期間のみ保障、掛け捨て)
 └養老(満期後に死亡時と同額の保険金を受け取る、積み立て)
 └終身(死ぬまで保障、積み立て)
・説明した方のおすすめは「USドル建終身保険ドルスマート S
 └終身
 └毎月ドル基準で支払う
 └USドル建てなので、積立利率が日本円より高い
 └積立利率は年2.5%を最低保証
 └契約解除時に、解約返戻金として10万ドル(一例)

結論。
メットライフには入りません。
やるなら掛け捨てにすると思う。
毎月数千円で済むような、手頃なやつにします。

【疑問】
・なぜ年2.5%の利率を最低保証できるのか?
 政治や経済などの要因で、ドルも価値は上下するはず
・保険は「病気や事故のための備え」なのに、
 なぜお金もうけの事まで考えさせるのか?

説明した方は、この辺の疑問に的確に答えてくれなかった。
はぐらかした印象。

色々自分なりに考えて
「このプランは保険会社がもうけるためのもの」なんだなと。
保険会社がこの金で資産運用して、
利益はほとんど保険会社がとるんだろうな、と。

それは否定はしない。
保険会社も生活がかかっているわけだから。

為替相場でもうけるのは、非常に危険、ときいている。
それなら、毎月保険会社に支払う額をタンス貯金してる方がマシである。

紹介したプランだと、毎月 226.8 USドル=24860円払う。
65歳の時点で10万ドルもらえる
(5万ドルのプランもある)。

10万 / 226.8 = 440ヶ月 → 36年と8ヶ月

36年はかなり長いが、
継続的に働いて贅沢しなければ到達する金額、ということ。

何より、満了時にドル安なら、
もらえる日本円は当初の見込みより減る。
はっきり言ってギャンブルだと思う。

お金持ちなら、遊び金をつっこむのはアリだろう。
でも、私は少ない給料を保険会社のマネーゲームに託す気には、
全くなれない。

保険は考えてますが、
少なくともメットライフのお世話にはなりません。

医療保険についても説明を受けましたが、割愛。
どっちも入る気ナシ。

もっとお手頃な、
掛け捨てでいいんで毎月の支払いが少ないものを探します。
都民共済とか。
| 雑記 | 12:54 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2467
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん