Kiss(キス)2021年2月号感想
表紙は「パーフェクトワールド」。
巻頭カラーは「御手洗家、炎上する」。


Kiss(キス)2021年2月号


『逃げ恥』新春スペシャルドラマ撮影レポ、あります。
ドラマは1/2 21:00から、TBS系にて放送。

付録にドラマ化記念ポスターありますが、
たぶん紙版だけでしょう。

「モトカレマニア」は、作者急病により休載。

これまでの感想は
漫画・本 Kiss(キス)

◎作品感想
◆御手洗家、炎上する/藤沢もやし
希一さん、急に少女漫画のこなれた彼氏みたいになって、
どうしちゃったの(;^_^A
駅のホームでキスなんて。

でも、今回ラストで自首したことを考えると、
シャバに思い残すことがないように、という事ですね。

さて、放火の真犯人は本当に希一さんなのか?
まだどんでん返しがあるのか?
どのように締めくくるのか、楽しみです。

◆『逃げ恥』新春スペシャルドラマ撮影現場漫画レポート/海野つなみ
現場に生ものは差し入れ禁止・個包装。

海野先生、続編を描く際にかなりプレッシャーがあったらしい。
「キャラクターにロールモデルのような意味づけがされたり
なんか「責任」を感じてしまう」

大ヒットすると苦労もあるようです。

◆東京タラレバ娘 シーズン2/東村アキコ
冒頭のウサギで、
ラーメンズの「バニーボーイ」を思い出したのは私だけでいい。

2号とヤっても「荒野だけ」だった令菜、
次は1号と、なのか?

森田さん、どんだけヒマ人なんだよ。
こんな偉そうなのに、みんなから相手されてるのが不思議。

◆私の町の千葉くんは。/おかもととかさ
終盤、トイレで吐いてるシーンに千葉? 元カレ? が来るのは妄想、ですよね。

◆わたしのお嫁くん/柴なつみ
できる男の本格的看病。
おかゆは当たり前、ヒタイに当てるタイプの体温計まで常備。
熱が下がった後のデザートまである。

こんな生活力ある23歳男子いたら見てみたい。

次号、赤嶺さんが暴走して面白くなりそう。

◆美しいこと/木原音瀬・犬井ナオ
最終回。
若干セリフが多く、巻きの展開だなと感じました。
原作小説つき作品の難しいところですね。

◆涙雨とセレナーデ/河内遙
冒頭のオルブライト邸地下室は、
おそらく拷問部屋ですね。

武虎、わりとヒナに協力的。
タイムスリップについて結構しゃべってくれます。
でも、現代に戻るということは、
ヒナと孝章様の別れの時……かもしれない。

何らかの救済策があるとは思いますが、さて。

武虎はかなり未来(明治と現代ぐらいには離れている未来)の人間だそうですが、
その割に「JK」なんて流行語を知ってるのは、ちょっと不思議ですね。
2000年代にもタイムスリップした事があるのかもしれない。

最初、ヒナを警戒してたのは、
タイムスリップを取り締まる側の人間と思っていたからのようです。

問題は、タイムスリップを誘発する鍵である「ネックレス」が、
どのようにしてヒナの曾祖母の手に渡ったのか、ですね。
そこが以前ナゾのまま。

宝箱にテンション上がるヒナ。
果たしてDQ派か、FF派か、両方か。
「会心の一撃」って言ってるからDQ派か。

色々描いたけど、一番の見所はチヨさんの乳です。

◆パーフェクトワールド/有賀リエ
車いす夫婦の結婚式。

漫画の中では美しくまとまってるけど、
生活すると色々ありそうだな、とは思う。

◆おとなになっても/志村貴子
恵利、髪をショートにし、コンタクトを入れる。
そしてほのかに恋の予感。

コンタクトはね、最初は痛いんですよ。
私も一時期トライしてました。
今はメガネ一択です。

◆ミドリくんには触れない/トヨタトヨ
新連載。
講談社オトナ女性漫画大賞2020大賞。

お隣に越してきた青年は、
小学校までの同級生で、しかも人気アイドル。

ここまでの設定なら珍しくないけど、
ヒロインがAV女優というのは滅多にない。

ヒーローは
「ファンが悲しむから生身の女性には触れない」という誓いをたててる。
つまり童貞。

のっけから性に関するキーワードが盛り盛り。
1話から全開で、いい感じです。

◆アトリエヒライス ~森のちいさな指輪屋さん~/谷口リヨ果
6話ぶんの短期集中連載。

恋人・仕事をリセットしたヒロインは、
青年との出会いから、指輪屋さんで働くことになる。

彫金師(ちょうきんし)のお話です。

マリッジリングもエンゲージリングも買ったことがありますが、
今もって、女性が金属でなぜにテンションがそこまで上がるのかわかりません。
これ読んだらわかりますかね(知らんがな)。

◆おひとり様物語/谷川史子
若さにまかせてやってきた33、
健康診断で現実をつきつけられる、の巻。

コレステロール基準値オーバー、
私もまさにコレでして、
炭水化物を減らし、間食をやめてるところです。

そして味付けも薄くなりました。
塩分控えめ。
肝臓も判定悪かったので。

◆七つ屋 志のぶの宝石匣/二ノ宮知子
結局、「なぎさ」っていうのは本当に浮気だったのか、
なんか理由があるのか。

◆やんごとなき一族/こやまゆかり
出産祝いが豪華すぎる。
これ、お返しもめちゃくそ面倒そう。

泉さんのピアノの話も重い。
やんごとなき人たちって、こんなんばっかりなのか。

◆ながたんと青と-いちかの料理帖-/磯谷友紀
鈴音さん、桑乃木家へ転がり込んでくる。
いち日・周・鈴音の関係に盛り上がるふた葉。

「『君の名は』ばりに面白うなってきた~」と言ってますが、
当然、某アニメ映画ではなく、1952~54年のNHKラジオドラマのことでしょう。

「一人でさっさと京都に行ってまうんやもんなァ」の鈴音さん、
顔が怖い((((;゚Д゚))))

◆兄弟犬/ともえ
2話掲載。

カウントダウンにしゃっくり。
犬はしゃっくりするのか? するみたいです。

◆幸子、生きてます/柘植文
夫は陶芸家、から始まる幸子の妄想結婚生活。

古民家リノベ、ホームパーティ、ピザ窯。
なんというか、スローライフ?

◆神は細部に宿るのよ/久世番子
マスクファッションの話。
飛沫の防ぐ率は、不織布マスクが一番いいらしい。

◆おいおいピータン!!/伊藤理佐
窓と山と看板。

◆非モテ女子、今日も安定。/ケイケイ
ハツキスから出張掲載。

結論。
布マスクは手作りするより買おう。

◆メイクはただの魔法じゃないの/六多いくみ
お休みの日のメイク。

◆吸血鬼を飼うことになりまして/清野静流
1話だけ出張版。
たぶん電子版のみのオマケ。

洋館・JK・吸血鬼。
イチャつきの多いラブコメです。
なんで吸血鬼ものがちょいちょい少女漫画にあるかというと、
血を吸うから色っぽいシーンにもっていきやすいんだなと思う。


◎次号
最終回
「パーフェクトワールド」

「世界で一番早い春」
3月号より毎号連載開始
| 漫画・本::Kiss(キス) | 14:57 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2318
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   06 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん