FEEL YOUNG(フィール・ヤング)2019年2月号感想
表紙は「違国日記」。
巻頭カラーは「ジェンダーレス男子」。


FEEL YOUNG (フィールヤング) 2019年 02月号 [雑誌]


「違国日記」は
「このマンガがすごい!2019」オンナ編4位。
おめでとうございます。

これからも、フィーヤンには刺さる漫画をお願いします。

※都合により、今月号の感想はあっさり目。

これまでの感想は
漫画・本 FEEL YOUNG(フィール・ヤング)

◎作品感想
◆ジェンダーレス男子に愛されています。/ためこう
めぐるくん、テラスハウス(がモデルのドラマ)出演を拒否。
わこさん的には、めぐるくんの出演はOKだったらしいです。

全方位モテ男子。

◆中学聖日記/かわかみじゅんこ
るなちの言う通り、オトナというのは勝手です。
子どもを、時と場面によって大人扱いしたり子ども扱いしたり。

まあ、みんな勝手なんです。

聖先生は、広い東京で
元カレ、その女上司とまさかの再会。
どんな確率だ。

◆やわ男とカタ子/長田亜弓
小柳さんが言うように、家族にも合う・合わないがあるので、
大人になってまで、無理して付き合う必要ないのです。

◆違国日記/ヤマシタトモコ
えみりさん、槙生さん宅2度目(たぶん)の訪問。

紅茶を選ばせる女、槙生さん。
選ばないのもアリってのが、彼女らしい。

断片的に、槙生さんと笠町の過去が明らかに。
笠町の方から「友達でいい」ということで関係が継続しているらしい。
が、別れた経緯そのものは不明。

「違国日記」はずっと、こういう思わせぶりなシーンばかりで、
核心がなかなか見えてこない。
想像の余地がそれだけあるということか。

もしかすると、完結までわからずじまいかも。

◆そろえてちょうだい?/いくえみ綾
猫は好きではないけど、
冬場の布団入ってくるのはちょっとうらやましい。

◆にれこスケッチ/鴨居まさね
ダミバケはとっても高価です。

◆婚姻届に判を捺しただけですが/有生青春
同居ものの定番中の定番!
カゼで弱ったイケメン! が、看病はしない。

◆TOKYO異邦人/じゃんぽ~る西
フランスの大規模なデモ、
「ジレ・ジョーヌ運動」がテーマ。

私は日本のおとなしいデモでいいや。

◆こちらから入れましょうか、その…アレを/松田環
平成最後のどエロ連載、2回目。

ペニバンでダンナのEDは解消したものの、
奥さんの欲求までは満たせていない。

そんな状況で、ダンナの部下が
実は奥さんの元カレであると発覚。

部下はペニバンの秘密を知っちゃったし、
奥さんにどうやら未練たらたらの模様。

予想できる展開は2つ!

(1)ダンナが元カレに尻を(自粛)
ペニバン使ったんだから今度は本物を。
フィーヤンがいくらBL兼任作家が多いといっても、
さすがにコレはなさそう。

(2)三人でヤる
ギリギリありそう。

寝取りはない……と信じたい。
そういうのは別の雑誌で補充しますんで。

◆大川ぶくぶのお日記させていただく。/大川ぶくぶ
FUN AND BODY
渋谷で楽しめるVRエクササイズ。

これ、1回ぐらい行ってもいいかも。

◆おじさん、ドル活はじめました!/シバタヒカリ
アイドルと会うと意識が飛ぶ。らしい。

◆きちじつごよみ/岩岡ヒサエ
ウェディングプランナーさんの昔話。

「幸せになりなさい」って言った人が
夜逃げする皮肉。

◆ダッドのごとく!/大谷紀子
ウサギの生態マメ知識が面白いです。

食糞行動、盲腸糞。勉強になります。

◆さようならプロミネンス/ひの宙子
母の葬式。
少女と、そのおじさん(母の義理の弟)の話。

ヒロインはおじさんが好きだったんだね。
でも素直になれない。鉄板。

◆はぐちさん/くらっぺ
営業って図太くないと身が持たないと思う。

◆超・ひも理論/野田彩子
読み切り。
稼いでる女性が養いたい年下の青年は、実は……という話。

アブダクション(宇宙人に誘拐されること)を
こんな使い方する漫画、初めてです。

◆ポートランド通信/KANA
オレゴン州ポートランドの4コマエッセイ。

アートの街、本屋さんが多く、食べ物がおいしい。

本屋さんはうらやましいね。
日本は閉店する一方だから。

◆リクエストをよろしく/河内遙
チーコがいなくなり、1人でラジオ番組を切り盛りするソータ。
見かねた水無月が助け舟。

最終的には、3人でやっていくのか。


◎次号
表紙&巻頭カラー
おかざき真里「かしましめし」

不定期連載
茜田千「ユア・マイ・サン」

ひの宙子「畢竟(仮)」

最終回
シバタヒカリ「おじさん、ドル活はじめました!」
| 漫画・本::FEEL YOUNG(フィール・ヤング) | 00:00 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2141
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん