Cocohana(ココハナ)2019年2月号感想
表紙は「ハイパーミディ 中島ハルコ」。


Cocohana(ココハナ) 2019年 02 月号 [雑誌]


[2.43 清陰高校男子バレー部]は、作者都合のため休載。
山川あいじ先生、完全復活とはいかないようです。

これまでの感想は
漫画・本 ココハナ

◎作品感想
◆東村アキコ[ハイパーミディ 中島ハルコ]
原作/林 真理子
[最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室](文春文庫)

今回の悩める子羊は、東大卒37歳女性・出版社員(未婚)。

地方から都会の大学に進んで、
華やかな同級生にコンプレックス……というのは、わかります。
そういうのは、引きずるものなのかもしれない。
頭のいい人だと尚更。

ハルコさん、偉そうだけど行動力があるので、
そこは痛快でいいですね。

◆五郎丸えみ[あぐりとたね]
ツンデレ、というか、素直じゃない高野くん。

そこから農家の空き家に同居、かと思いきや
高野から「付き合いませんか」宣言。
早くない? 高野くん、不器用?

◆小村あゆみ[黒点]
3号連続読みきり第1弾。

酒飲みガールと、目つきの悪い不器用な青年。
最後はエロスで締めました。

いいと思います。
ココハナなんで。

むやみに脱げとは言わないけど、
大人向け雑誌なんだから、少女向けには描けないことを。

◆森本梢子[アシガール]
最終回。
森本先生、お疲れ様にござりまする!

現代の木村先生が、新たな資料を発見。

羽木家は、御月家として存続。

若君(忠清)は、表向き永禄4年に死亡扱いされたが、
実は御月清永として、明治維新まで続く
「緑合御月藩」の基礎を築いた。

奥方の天野氏(唯のことですね)とは、
四男三女をもうけた、という。

めっちゃ仲いいですね。
なんというか、唯、あっぱれ。

閨の翌日、覚悟を決めた表情がりりしい。
これから長い人生を考えると、
唯が大変なのは、まだまだ続くわけで。
でも、心配ないと思えるわけで。

緑合御月藩の血筋が、
やがて現代の早川家につながる……と考えると、ロマンあります。
卵が先かニワトリが先か、という話しになりますけど。

御月家が関ヶ原をどう生き残ったか、とかも気になりますが、
それは語られることはないでしょうね。
本編から40年後、若君や唯は60歳前後だし。

若君のこと、真田昌幸(※)のような
老獪な知将に成長したのではないかと思います。

※真田幸村の父

次号は番外編、
次々号からは新婚編。

番外編は成之と阿湖姫の話でしょうね。
大穴で天野のじじい……はない。
悪丸……もない。

まだまだ休まない森本先生、
どうかお体に気を付けて。

◆萩尾望都[王妃マルゴ]
ギーズ公(アンリ・ド・ギーズ)、暗殺。
Wikiによると、弟のロレーヌ枢機卿も合わせて殺されてるそうです。

まともな死に方した貴族とそうでない貴族、
果たしてどちらが多いのか。

◆美森 青[抱きしめてついでにキスも]
アプリも作れる竹田くん。
そんなイケメンが何でも持たないで……。

◆川端志季[僕のオリオン]
猫俣を排除したい冴門に対し、火賀先生
「先入観を持ってるから猫俣を悪役にしようとしてるんじゃないか?」
「お前の知らない猫俣を小絃は知ってる」

ここが少女漫画の奥深いところですね。
少年漫画みたく、悪い奴をやっつけろ、とならない。

でも、猫俣はどう考えても危ないヤツ、
犯罪者予備軍だと思うが。

今回から隔月連載になりました。
他誌で連載もしてますし、それがいいと思います。
川端先生、どうぞ無理なさいませんよう。

◆高梨みつば[乙女椿は笑わない]
百合子(ヒロイン椿の生き別れの母)は、
いまだに元ダンナの佐助さんが好きらしい。

じゃあなんで別れたのか、というのが焦点の1つか。

◆板羽 皆[トラさん]
最終回。
YOUから移籍してすぐ終了。なんだかせわしないです。
でも番外編はあるみたいです。

◆田島みみ[嫁にしたい男]
カゼ看病。定番。

◆蜜野まこと[お迎え渋谷くん]
渋谷くん、カゼひき神田くんの看病をする。

「ベッドがギシギシ」って、狙ってますよね蜜野先生。
上下運動と前後運動でギシギシすると(意味深)。

先生、この2人描いてる方が楽しそう。
「渋谷くんは嫌いだけどなんか気になる」神田くん、
それは……こ、ゲフンゲフン。

一方、青田さんの勤める保育園に、
体操指導の大崎さんがやってくる。
サワヤカイケメン。そして青田さんの元カレ。

この人も変わってそうなので、
フツーの三角関係には、ならなそうです。

◆榛野なな恵[Papa told me]
創作に生きる女性。
いいなぁ。

◆田村由美[イロメン -十人十色-]
ウンチクが多すぎて読みづらい……。

◆楠本まき[赤白つるばみ・裏]
今回、谷崎先生が過激な発言をしていますが、
あくまでも「漫画の中」なので、うのみにしない方がいいと思います。

「ガーマ(※)はジェンダーバイアスのかかった作品が結構多いので
そういうのは全滅するといいなって思います」

(中略)

「それを容認するってことは、
この状況を恒久化させるのに一役買うってことですよね」


※『マーガレット』のもじり。あくまで架空の雑誌




◆シタラマサコ[婚活大陸]
わざとらしい方言、とってもイタイ。

◆朝倉世界一[俺輪 おれりん]
少女漫画タッチの卓球指導。

◆くらもちふさこ[とことこクエスト]
くらもち先生、金田一蓮十郎先生とゲーム仲間だそうです。
ドラクエ10?

◆武田愛子[ほなみ店長は働かない]
POP制作のススメ。
正直、POPってあまり参考にしません……。

◆綺咲スズ[幸せの工場]
派遣のかたわら漫画を描く女性が、
疲れて乗った電車の行く先は……ブタ工場。

こういう「イイ話」は、ちょっと苦手です。

◆たかはしみき[うち旅]
北坂養鶏場直売所の
『北坂たまご まるごとプリン』
9個で3780円。

◆てらいまき[京都おとめがたり]
あんこおやつ。

梅香堂さんの小倉バターホットケーキ、良さそう。

◆永田正美[こだわりモノ]
1ページのインタビューです。
永田先生、シャンプー&トリートメントについて語る。
ココハナ登場はあるのか? ないのか?


◎次号
表紙
[お迎え渋谷くん]

巻頭カラー
[モーメント 永遠の一瞬]

3号連続読みきり第2弾
小村あゆみ[なしっぽの国]
| 漫画・本::Cocohana(ココハナ) | 21:44 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/2137
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん