南塔子「360°マテリアル」感想
全8巻、集英社発行。



秀才でイケメン、集中しはじめると周囲を気にしなくなる少年、滝。
恋愛に積極的、かと思えば自分の世界に入り込むこともしばしば。
メールを返すのは遅い(返さないこともある)。
でも焼きもちをやくこともあるし、スキンシップは結構大胆。

つかみどころのない男子と、
そんな男子に恋する女子のラブコメ。

◎初出
別冊マーガレット2010年2月号~2012年10月号


◎感想
女の子漫画だ、と思いました。

少女漫画にも男の視点が割とあるものと完全に女性視点のものがある、と思うのですが、
この漫画は後者ですね。

彼氏の元カノが気になったり、
彼氏の妹的存在が気になったり、
クラスの他の女子と仲良くしているのが気になったり、
勉強を教えてもらっている時の距離感にときめいたり
女子の牽制があったり、
そんな感じの漫画です。

後半は他のイケメン(いわゆる当て馬)に言い寄られたり、
お約束の三角関係もあります。

面白いかつまらないかとは別の話ですので、誤解のなきよう。

ちょっと困ったのはヒロインの髪型がころころ変わることですね。
髪型変わると別の人に見えるんで、
「唐突に新キャラ? あなた誰?」と本気で勘違いしました。
中盤からは慣れました。

そういうところ(身だしなみに作者さんの気合が入ってそうなところ)も、
女の子漫画だと思う。

ヒーローが秀才ということで、
割とお勉強やテストのシーンが多いです。

少女漫画で、定期試験で赤点を回避できるかどうかが山場になるのも珍しい、と思う
(少年漫画でも珍しいけど)。

しかし秀才のイケメンなんて反則だ。
勉強合宿? なんですかそれ……。
勉強なんか1人でやるもんだろう……(´;ω;`)


◎登場人物
太高 美桜……高1。数学が苦手
滝 直……数学のできるイケメン。女性関係に悩むと機械をバラす
丸井 侑輝……バスケ部のモテ男。用語的には当て馬にあたる人。お気の毒(-。-;)
海老原 茜……中3。滝の近所に住んでいる
清水 瑠奈、望月 由仁……美桜の友人
石田、井上……丸井の友人。側頭部を刈ってる方が井上
波多野 真紀……滝と数学の順位を争ってる女子
荒川……茜の同級生。色んな意味でお子様。作中でも人物紹介でコナンとしか呼ばれてません。お気の毒(-。-;)
美和……滝の年上の元カノ
イッチー……数学教師
ユキ……滝の姉。いかにもガーリーな女子大生
| 漫画・本 | 22:25 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1739
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん