「老子」小川環樹 訳
2005年10月、中央公論新社発行。
有名な中国の古典を訳したものです。

老子 (中公クラシックス)

訳本は色々出てると思いますが、自分はこの本が気に入りました。

理由。
1.漢文、書き下し文、現代語訳を並べて書いてある
 原典あっての現代語訳なので、三者はセットにしてほしい。
2.注釈、解説が豊富
 諸説がある場合、併記している。訳者のフェアさを感じる。

本屋には他にも「自由訳」であるとか、
訳者がかなり自分の解釈を加えているものもあります。
それは悪いとは言いませんが、最初に触れる「老子」としては良くないかな、と思う。

続き▽
| 漫画・本 | 17:09 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん