ペルソナ3ドラマCD Vol.1 -Daylight-
ペルソナ3、最初に発売されたドラマCD。
「vol.2 Moonlight」とは対になっていますが、話は独立しています。
ここから10枚以上も作られることになるとは、制作者も思っていなかったのではないでしょうか。
→ペルソナ3ドラマCDまとめ



9月14日の深夜。休止モード中のアイギスに、誰かが語りかける。
少女の声をした何者かは、しばらくアイギスの生活を見せて欲しいという。
学校、タルタロス、たわいない日常。
アイギスの目を通して描かれるSEESの3日間。

アイギス視点で語られるオリジナルドラマ。
レギュラーメンバーに加えて友近などコミュキャラも登場します。

学園祭の準備、タルタロス探索、日常会話など、
小さなエピソードの積み重ねで大きな盛り上がりは存在しません。
ちょうど、プレイしている時と同じ感覚ですね。

昼は学校生活、放課後は友達と街をぶらつき、夜はシャドウ討伐。
ゲームをしていた時間を思い出させてくれます。
みんな楽しそうだな〜いいなあ。

軸になるアイギスは、かなりロボット感覚でぶっ飛んでいます。
ホチキスを握りつぶすわ、時速130キロで走るわ……。
ドラマCDが進むに連れてさらに「壊れて」いくことに。

冒頭に登場する人物の正体は「vol.2 Moonlight」で明らかになります。

聞き所
初めて声優のついたコミュキャラ(友近、ベベ、千尋)
メイドゆかりとたくらむ順平
プロテインに汚染されつつある真田
キタローの「どうでもいい」「追い打ち優先」
「全速力で病院行きであります」
やさぐれ度にみがきのかかった鳥海先生
乱暴ながらもメンバーを心配する荒垣

トラック3の順平とチドリの会話
「そもそも、メジャーリーグって何か説明してなかったな」
「知ってる。MLBでしょ。ミズーリ・アンハイダーズ(?)のアウェイのユニフォームのデザインいいじゃない」
「詳しっ」
「その、順平に聞いてそればっかり見てた」
「あ、え、いや、ハハ」
| ドラマCD::ペルソナシリーズ | 15:15 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/22
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん