無課金で頑張るFFRK(333)FF6イベント「失われた絆の証明」
8/31から、チャレンジイベント「失われた絆の証明」開始(~9/11 14:59)。
FF6からケフカが初登場。
ティナ、エドガー、マッシュは記憶結晶つきで再配布。

 

限界突破2はティナ。
VIキャラ初、超必殺技をひっさげての限突2。
……は、いいとして、新たに仲間になるのがケフカですか……。
パンドラの箱を空けちゃった感じですね。

では、いつもの雑感です。
きちんとした攻略データが欲しい方は、
公式wikiFFレコードキーパー(FFRK)攻略の地へ行って、どうぞ。

◎イベント概要
 

ヒストリー7、フォース7、計14ダンジョン。

聖剣伝説RoMコラボイベント「異次元の扉 マナに宿りし記憶」に続き、イントロムービーつき。
今後も定番にするのかしら。



プレイ当時、この雪原を行く魔導アーマーにしびれたなあ……ファンタジーに機械文明が絶妙にミックスされてた。

ちなみに、イベントの背景にいる2人は、ティナママ(人間)とティナパパ(幻獣)。
ティナはハーフなわけですね。



ママはマドリーヌだったかカトリーヌだったか。
パパはマディン。本編でも魔石(召喚獣)として使えるが、さほどストーリーには絡まない。


◎新規ボス
◆インフェルノ&ラフ&ケトゥ


ナンバー128の強化版。
ラストダンジョン「瓦礫の塔」のボスが、いよいよRKでも登場。
両腕のラフ、ケトゥは何度でも復活するので、本体に集中攻撃した方が早い。



新規じゃないけど、狂信者の塔でマジックマスターが登場する。
コイツが死に際に放つアルテマは、本来全滅必死の威力だが、ヒストリーならカス同然の威力しかない。
エフェクト見るために、あえて食らってみてもいい。


◎ケフカ・パラッツォ
★セット可能装備
武器 短剣/ロッド/杖/楽器
防具 盾/帽子/軽装鎧/ローブ/腕防具/アクセサリ

★セット可能アビリティ
黒魔法5/物理補助3/吟遊詩人5/踊り子4

★必殺技
どきどきマジック/ランダムで黒魔法を使用する

★必殺技付き装備(キャラ専用)
[1]ラミアのふえ(VI)楽器★5
はかいのつばさ/敵全体に3回連続の無属性魔法攻撃+中確率で暗闇&麻痺を付与
[2]ケフカのマント(VI)軽装鎧★5
魔導注入/味方全体の魔力を一定時間アップ+ヘイスト状態にする

★レコードマテリア
狂気の魔道士/魔力は上がるが防御力が下がる

    

狂気の魔道士&VIのラスボス
一人称は「私」「ぼくちん」など一定せず、すべての言動がエキセントリック。
皇帝直属の魔道士として、各地で悪逆非道の限りを尽くす、悪党の中の悪党。
帝国軍兵士にも人望がない。

一応、人工的に魔導注入された際に精神が破綻した……という設定があるので、
元々は真人間だったかもしれない。

が、最終的には世界を作った三闘神の力を手にし、皇帝を殺害して世界を崩壊させる。
崩壊後はがれきの塔に君臨し、わずかに生き残った人々や町も滅ぼそうとする。
とにかくブッ壊すことしか頭になくなる。

ヒールとしては最高のキャラ。
正直、仲間として彼を扱うのは複雑。ボスとしてこそ輝く人なので。

RKでは、意外にも魔力は抑え目。
Lv65で135と、ティナどころかストラゴスにも劣る。ヤムチャ化現象か。
その代わり、吟遊詩人や踊り子アビで全体強化/弱体化が可能。
歌って踊れる黒魔、という変わり種。

問題は精神が異常に低いこと。Lv65で50、JOBキャラを下回るぶっちぎりの最下位。
補助アビの持続時間は精神に依存する……ということは、支援させても長持ちしない。
総じて言うと「微妙」。
つまり、「使いたい人だけ使ってね。嫌いな人は育てなくていいよ」という運営のメッセージかもしれない。

ちなみに、8/28の大型リニューアル後は「英雄の記憶開放」の画面も新しくなっている。



格好いいじゃないか……ケフカを英雄というのも複雑だけど。
まあ、悪の英雄ではある。
「悪には悪の英雄が必要なんだよ」(ゲブ神のンドゥール)


◎既存VIキャラのバランス調整、追加専用装備
◆ティナ
魔力をUP
マディンの角(VI)ロッド★5
 - 魔導ミサイル/敵単体に10回連続の強力な無属性魔法攻撃/修得時魔力+10

◆エドガー
HP、防御力、魔法防御をUP
ドリル(VI)槍★5
 - ドリル/敵単体に3回連続の物理攻撃+味方全体の防御力を一定時間アップ

◆マッシュ
ドラゴンクロー(VI)格闘★5
 - 真空波/敵全体に3回連続の物理攻撃+味方全体の攻撃力を一定時間アップ

ティナの超必殺技は、ライオットソードかと思いきやまさかの魔導ミサイル。
たしかに、彼女しか使えない技ではあるけど。
しかもオヤジさんの角で……いいのか?

余談……魔導アーマーは一般人でも炎氷雷3種のビームに回復技が使える。
天然のものの魔導戦士であるティナだけは、さらにアーマーの力を引き出し魔導ミサイルなどの技を使える。

エドガーの追加装備は、本編でも強力だったドリル。
それはいいが、なんでドリルで全体の防御力が上がるのか。塹壕でも掘ってるのか。


◎新アビリティ
爆裂正拳突き(モンク★5)

敵単体にクリティカル率の高い5回連続の物理攻撃

モンク初のレア5アビ。
みだれうちの4連続を上回る、5連続攻撃。練気拳等のコンボですさまじい威力になりそう。
問題は、生成・精錬が難しいこと。

名前は「爆裂拳」+「正拳突き」か。それドラクエじゃね? いいの?
まあ、会社合併したからいいのか。


◎リツイートキャンペーン(48時間限定)


聖剣伝説RoMコラボイベント「異次元の扉 マナに宿りし記憶」に続いてのキャンペーン。
これも、毎回のイベントの定番になるのかな?
だとすると助かる。ほんの少しとはいえ、ミスリルもらえるからね。


◎ジョジョの奇妙な冒険 第3部ネタ
某所、企画会議にて。

ディレクター(以下D)「プランナー……どうして次のイベントでケフカが仲間になるんだ?
おまえ……まさか……その ひょっとして……
ケフカがどういうキャラか……
いや……FF6自体プレイしたことがあるのか?」
D「答えろッ プランナーッ!」
プランナー(以下P)「なあーに どういうキャラクターかはディシディアで知っている……
6のストーリーは ネットのプレイ動画を見ながらおぼえるぜ!」
D「な…なんだと? 今…おまえなんと言った!?」
P(横目でFFWWWをやってる)
D「し…しかも凶ボスはマディンだとッ! 無茶苦茶だッ!
きさまー! FFを派生作品しかやったことがないなッ」
P(スコアSSS達成)
D「もうスケジュールの調整はきかないんだぞッ!
もう企画書を変更する時間がないんだッ!」
P「やれやれ… こういう時はハゲますもんだぜ…
『入社1年目だ… まだ仕事を覚え始めたばかりだ ガンバレ』ってな」
D「なにを考えているんだ…?」
P「おれは なにも考えてないぜ ただ…
『ガチャは超必殺技フェスまでスルー』と決め込んでいる、ユーザの課金欲を煽ることだけを考えている」
P「利益をあげてサービスを維持することだけはマジに考えている…」

※フィクションです
※よくわからない人は「テレンス・T・ダービー」「ダービー弟」「アトゥム神」などで検索してください


◎BGM
★使われているBGMリスト
ティナのテーマ(ノーマルダンジョン選択時/チャレンジダンジョン選択時)
魔大陸(魔大陸 東側)
死闘(魔大陸 脱出)
狂信集団(狂信者の塔)
迷いの森(ダリルの墓/夢のダンジョン)
蛇の道(古代城)
邪神の塔(瓦礫の塔)
戦闘(雑魚戦)
決戦(ボス戦)
勝利のファンファーレ(戦闘勝利時)
飛空艇ブラックジャック(パーティ画面)
ロックのテーマ(装備召喚画面)

残念ながら、ケフカのテーマである「魔導士ケフカ」は聴けません。
あくまでメインはティナの限界突破2、ということかな。

ちなみに、OPテーマである「予兆」の後半でも「ティナのテーマ」がアレンジされて使われている。
暇な人は2分30秒以降を聴いてみてください。


ファイナルファンタジーVI オリジナル・サウンド・ヴァージョン/1994年版(Amazon)

FF6発売当時のサントラ。CD3枚組、計61曲。


ファイナルファンタジーVI オリジナル・サウンド・ヴァージョン/2004年版(Amazon)

復刻版。曲目はオリジナル版と同じ。


FINAL FANTASY VI Original Sound Track Remaster Version/2013年版(Amazon)

リマスター版。曲目はオリジナル版と同じ。
| ゲーム::FINAL FANTASY Record Keeper/ファイナルファンタジーレコードキーパー | 10:03 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする




この記事のトラックバックURL
http://kodawari.sakura.ne.jp/blogn/tb.php/1072
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   10 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん