球体の蛇(道尾秀介)感想
道尾秀介さんの「球体の蛇」を読みました。
出版:角川書店、初版2009年11月。



<あらすじ>
十七歳の高校生・友彦は、白蟻駆除を営む「小父さん」の乙太郎、その娘ナオとの三人暮らし。
乙太郎の家業を手伝いながら、漠然と進学を考える友彦だったが、ある日仕事で訪問した家の女性に心を奪われる。
少年と女は、やがて火事をきっかけに親密になるのだが……。

以下、ネタバレ含む感想。

続き▽
| 漫画・本 | 23:02 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん