全テーブル、全ビュー、全ストアドプロシージャの拡張プロパティを一括削除
SQLServerで既存テーブルのCREATE文を生成すると、通常のCREATE文に続いて下記のようなEXEC文が書き出されることがあります。

EXEC sys.sp_addextendedproperty @name=N'MS_AggregateType', @value=-1 , @level0type=N'SCHEMA',@level0name=N'dbo', @level1type=N'TABLE',@level1name=N'テーブル名', @level2type=N'COLUMN',@level2name=N'カラム名'


これは拡張プロパティと言われており、データ型や主キー、リレーション以外の固有設定のためにあります。

しかし、私の経験から言うといらないことが多いです。
いつの間にか設定されていることもあり、別サーバにリストアする時などは正直言って邪魔。

というわけで、あるデータベース内の拡張プロパティを一気に削除するスクリプトを作ってみました。
内容は以下で。

続き▽
| SQL Server | 00:07 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん