Paper.liはやっぱり鬱陶しい
Paper.liという、色んな人のつぶやきを新聞記事風にまとめるサービスがあります。
英語のサービスですが、日本でも結構使われているようです。
paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

使う人には人なりの便利さがあるんでしょうが……私は鬱陶しい。
何が鬱陶しいかというと、まとめられた人たちにメンションが飛ぶのが鬱陶しい。

<メンション例>
「新聞名」が更新されました!http://新聞のアドレス ▸ 本日トップニュースを提供してくれたみなさん: @xxx @yyy @zzz @aaa

普通、メンションがあったら「どんなつぶやきに反応してくれたのかな?」と思ってちょっとワクワクするわけですよ。
でも読んでみたら機械的なメッセージ。
トップニュースを提供? した覚えなどないわ。
一気にげんなりします。

Paper.li、使う分には自由です。つぶやきを世界に公開している以上、誰も止める権利は無い。
せめてメンションするなと。別に知らせんでいい。

ここからのメンションをまとめてブロックする方法があるなら、是非教えて欲しいところです。

※2011.12.18 追記
ブロックする方法がわかりました。

ブロックしたいアカウントで
@newscrier stop mentions
と打つ。

参考:http://hdky.seesaa.net/article/195404119.html
| WEBサービス | 23:29 | comments (0) | trackback (0) |
スティーブン・ライニキー「激流の中へ」
久々に吹奏楽曲のCDを購入。
スティーブン・ライニキー(Steven Reineke)「激流の中へ(Into the Raging River)」。
演奏はワシントン・ウィンズ(The Washington Winds)、指揮はエドワード・ピーターセン(Edward Petersen)。



このライニキーという人は最近知ったのですが、吹奏楽界ではなかなか有名な人だそうで。
実際、曲を聴いてみると「これぞ吹奏楽!」という名曲ばかりが収められています。

感想は以下に。

続き▽
| 吹奏楽 | 10:47 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   09 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん