2014.9.14 アドレス変わりました。ブックマークしている方は、変更してください。(基本、あまり更新しませんが…)。
http://kodawari.sakura.ne.jp/  
こだわり高校野球東京都名選手列伝>(21)吉沢俊幸

吉沢俊幸/よしざわ・としゆき
(右投右打・日大三−早大−阪急−南海)

◇甲子園40打数17安打、うち10本長打の長距離砲◇

 1971年、72年の日大三は2年連続センバツ決勝進出し、春9連勝の輝かしい記録を残している。この年代の日大三は都会らしくスマートな試合運びが売りであり、強力打線と投手を中心とした守備力が自慢だった。

 その打線の中軸をつとめたのが、遊撃手の吉沢俊幸。71年は3番、72年は4番打者として、センバツで並み居る好投手からヒットを量産した。

 71年は左腕エース渡部良克(日大)が5試合投げて4完封と、投手力で初優勝。しかし吉沢も3番打者として決勝以外の4試合でヒットを放ち、鹿児島商との1回戦で先制の右中間三塁打、坂出商との準決勝では左中間ホーマーと長打力を見せつけている。

 翌年のセンバツ、日大三は前年の優勝メンバーが多く残り連覇を狙う戦力充分。中でも中橋俊彦、羽田悦郎(日大)、待井昇(西鉄)、吉沢と続く上位打線の破壊力は抜群だった。

 初戦、戸畑商に対し自慢の打線が18安打の爆発。吉沢は二塁打、三塁打1本ずつの4安打5打点の大当たり。続く専大北上戦は1−1の同点で迎えた8回裏に一挙3点を取り4−1。準々決勝の諫早戦でも1,2回で7得点を奪い9−0の快勝。

 準決勝の銚子商戦は3回裏に羽田の三塁打などで2点を奪い、終盤の8回裏に吉沢の二塁打を含む4安打で3点のだめ押しに成功。投げては待井、下手投げの小曽根修治のリレーで銚子商の反撃を断って5−3で勝利。

 決勝の相手は同じ東京勢、しかも日大付属高の日大桜丘。“ジャンボ”と呼ばれた長身投手の仲根正広がエースだった。

 試合は小曽根、仲根の投げ合いとなったが、日大桜丘は2回、4回と小刻みに点を奪い、投げては仲根のコースをつくピッチングで点を与えない。終盤にも桜丘は三塁打を打った仲根をスクイズで返すなどだめ押しで3点をもぎ取り、結局5−0で試合を決めた。吉沢は仲根に対し3打数ノーヒットに終わった。

 夏の東東京大会は6回戦(ベスト16)で都戸山に0−2で敗戦し、日大桜丘との再戦はかなわなかった。

 卒業後は早大に進学、2年春には外野手でベストナインを受賞。76年にドラフト3位で阪急入りすると、遊撃と外野を兼ねるユーティリティプレーヤーとして黄金期のブレーブスを支えた。86年南海に移籍し同年引退。阪急、阪神のコーチをつとめた。

全国大会戦績

戦績 対戦相手 打撃成績
1971年春
優勝
1回戦 鹿児島商 ○6−0 4打数1安打2打点
2回戦 普天間 ○7−6 4打数1安打1打点
準々決勝 深谷商 ○3−0 4打数2安打1打点
準決勝 坂出商 ○2−0 4打数3安打1打点 1本塁打
決勝 大鉄 ○2−0 4打数0安打
1972年春
準優勝
1回戦 戸畑商 ○16−0 6打数4安打5打点
2回戦 専大北上 ○4−1 4打数2安打
準々決勝 諫早 ○9−0 5打数2安打1打点
準決勝 銚子商 ○5−3 4打数2安打1打点
決勝 日大桜丘 ●0−5 3打数0安打
総合成績 40打数17安打 打率0.425

【参考リンク】

Wikipedia:吉沢俊幸

こだわり高校野球
HOME本当に訪問者が知りたい20の質問メールサイトマップリンク小ネタブログ試合観戦ブログおすすめ書籍おすすめ漫画「クロカン」
全国大会(甲子園)関連
歴代優勝校明治神宮大会国体大会回数早見表優勝アラカルトセンバツ出場校その後神宮出場校その後神宮大会・過去の選出基準神宮大会地区別戦績
東京都の大会関連
春季大会選手権大会(夏)秋季大会全国代表校一覧年代別戦績県別対戦成績よく対戦する高校東京都勢のホームラン東京都名選手列伝東京都野球場案内
関東大会関連
県別戦績各県勝率推移各県詳細成績データベース
東京都高校野球史
(1)明治 野球伝来(2)大正1 全国大会開始(3)大正2 甲子園誕生(4)昭和1 戦前の野球熱(5)昭和2 戦後の復興年表↑Top

「こだわり高校野球」Copyright (C) 2005-2017 Souichirou, All rights reserved.