2014.9.14 アドレス変わりました。ブックマークしている方は、変更してください。(基本、あまり更新しませんが…)。
http://kodawari.sakura.ne.jp/  
こだわり高校野球東京都名選手列伝>(12)市川武史

市川武史/いちかわ・たけし
(右投右打・都国立−東大)

◇“都立フィーバー”巻き起こした急造サイド◇

 “大輔フィーバー”に湧いた1980年夏、もうひとつのさわやかな風が神宮を吹き抜けた。国立(くにたち)高校が、都立として初めて西東京大会を制したのである。
 その“都立の星”のエースが市川武史。予選8試合81イニングを投げ抜き、ノーシードから優勝を果たす原動力になった。大会直前にオーバーハンドからサイドに変えたことが奏功し、並み居る強豪を封じ込めた。

 国立は予選での打率が0.243と非力で、コールドゲームは0試合。市川にかかる負担はあまりに大きかった。しかも準々決勝の佼成学園戦は1−1のまま延長18回で決着つかず。それでも再試合を6−3で制すると、準決勝では堀越を2−0で完封し、ついに決勝まで駒を進めた。

 3連投で迎えた決戦、おそらく市川の疲労もピークに達していたが、声援が大きな力になった。神宮につめかけた観客は大半が“都立の星”を応援し、相手の駒大高はそれに萎縮したか市川から点を奪えない。ゼロ行進のまま迎えた9回表、国立は2点をもぎとると、市川がその裏を抑え都立初の偉業を成し遂げたのである。

 念願の甲子園では初戦で強豪・箕島と対戦し0−5の敗戦。卒業後は一浪して東大に入学し、80年代前半の「赤門旋風」に貢献、早大から完封勝利を挙げるなど健闘している。卒業後は会社員。


動画:1980年夏の甲子園・箕島との1回戦(3分頃から)

全国大会戦績

戦績 対戦相手 打撃成績 投手成績
1980年夏
1回戦
1回戦 箕島 ●0−5 2打数0安打 9回11安打 自責3 奪三振2 四死球5
総合成績 2打数0安打 打率0.000 9回 自責3 防御率3.00

【参考リンク】

こだわり高校野球
HOME本当に訪問者が知りたい20の質問メールサイトマップリンク小ネタブログ試合観戦ブログおすすめ書籍おすすめ漫画「クロカン」
全国大会(甲子園)関連
歴代優勝校明治神宮大会国体大会回数早見表優勝アラカルトセンバツ出場校その後神宮出場校その後神宮大会・過去の選出基準神宮大会地区別戦績
東京都の大会関連
春季大会選手権大会(夏)秋季大会全国代表校一覧年代別戦績県別対戦成績よく対戦する高校東京都勢のホームラン東京都名選手列伝東京都野球場案内
関東大会関連
県別戦績各県勝率推移各県詳細成績データベース
東京都高校野球史
(1)明治 野球伝来(2)大正1 全国大会開始(3)大正2 甲子園誕生(4)昭和1 戦前の野球熱(5)昭和2 戦後の復興年表↑Top

「こだわり高校野球」Copyright (C) 2005-2017 Souichirou, All rights reserved.