2014.9.14 アドレス変わりました。ブックマークしている方は、変更してください。(基本、あまり更新しませんが…)。
http://kodawari.sakura.ne.jp/  
こだわり高校野球東京都名選手列伝>(8)山口重幸

山口重幸/やまぐち・しげゆき
(右投右打・岩倉−阪神−ヤクルト)

◇一戦ごとに成長見せ、決勝では1安打完封劇◇

 桑田真澄、清原和博のKKコンビ擁するPL学園が注目されていた1984年センバツ。しかし、フタを開けてみれば初出場の岩倉が快進撃。のびのびした戦いぶりで一試合ごとに成長し、そのまま優勝を決めてしまった。

 エースの山口重幸は絶対的な投手ではなく、前年秋は右翼手内田正行(法大)につなぐのがチームの勝ちパターン。実際、センバツの1,2回戦でも山口−内田のリレーで勝利している。特に2回戦では内田の救援と追加点となる3ランで、金足農に6−4と薄氷の勝利。

 だがそれ以降は山口が調子を上げていく。準々決勝の取手二戦で初完投、シーソーゲームを制し4−3で勝利。準決勝では大船渡・金野正志(明大)との投げ合いになったが、1−1で迎えた9回裏、菅沢剛(青山学院大−熊谷組)のソロ本塁打が飛び出し劇的な決着。

 そして迎えた決勝戦、PL学園相手に山口が最高の投球を見せる。カーブ、スライダーを低めに散らして凡打の山を築き、強力打線を1安打に抑えきった。打線も桑田のカーブに毎回の14三振を喫したものの、8回裏に前日サヨナラアーチを放った菅沢が値千金のタイムリー。山口が9回表を守りきって初出場初優勝を決めた。


動画:PL学園との決勝

 春夏連覇を狙った夏は、東東京大会4回戦で二松学舎大付に7−9で敗退。主将・宮間豊智が3試合連続先頭打者本塁打するなど打線は活発だったが、山口が崩れてしまった。

 卒業後は阪神にプロ入りして外野手に転向、平成7年にヤクルトに移籍。平成9年からは打撃投手をつとめている。プロでの投手経験なしに打撃投手を任されたのは、高校での実績を買われたからだろうか。

全国大会戦績

戦績 対戦相手 打撃成績 投手成績
1984年春
優勝
1回戦 近大福山 ○4−2 5打数2安打1打点 7 2/3回7安打 自責2 奪三振6 四死球1
2回戦 金足農 ○6−4 3打数2安打 6 2/3回7安打 自責0 奪三振7 四死球1
準々決勝 取手二 ○4−3 4打数1安打1打点 9回7安打 自責2 奪三振2 四死球5
準決勝 大船渡 ○2x−1 3打数0安打 9回2安打 自責1 奪三振4 四死球5
決勝 PL学園 ○1−0 3打数0安打 9回1安打 自責0 奪三振3 四死球3
総合成績 18打数5安打 打率0.278 40 1/3回 自責5 防御率1.11

【参考リンク】

Wikipedia:山口重幸

こだわり高校野球
HOME本当に訪問者が知りたい20の質問メールサイトマップリンク小ネタブログ試合観戦ブログおすすめ書籍おすすめ漫画「クロカン」
全国大会(甲子園)関連
歴代優勝校明治神宮大会国体大会回数早見表優勝アラカルトセンバツ出場校その後神宮出場校その後神宮大会・過去の選出基準神宮大会地区別戦績
東京都の大会関連
春季大会選手権大会(夏)秋季大会全国代表校一覧年代別戦績県別対戦成績よく対戦する高校東京都勢のホームラン東京都名選手列伝東京都野球場案内
関東大会関連
県別戦績各県勝率推移各県詳細成績データベース
東京都高校野球史
(1)明治 野球伝来(2)大正1 全国大会開始(3)大正2 甲子園誕生(4)昭和1 戦前の野球熱(5)昭和2 戦後の復興年表↑Top

「こだわり高校野球」Copyright (C) 2005-2017 Souichirou, All rights reserved.