2014.9.14 アドレス変わりました。ブックマークしている方は、変更してください。(基本、あまり更新しませんが…)。
http://kodawari.sakura.ne.jp/  
こだわり高校野球>「坂の上の雲」便乗企画 秋山真之と安部磯雄

「坂の上の雲」便乗企画
秋山真之と安部磯雄

司馬遼太郎の名作「坂の上の雲」。NHKでドラマも始まり、毎週日曜が待ち遠しい方もいると思います。
さて、この作品は日露戦争を日本の勝利に導いた軍人・秋山真之を主役にしているわけですが、同時代には偉大な野球人もいることを皆さんご存じでしょうか。
それは早大野球部の初代部長だった安部磯雄です。当時弱小だった早大を米国遠征で鍛え上げ、数々の技術を持ち帰り全国に広めました。現在のワセダばかりか野球界の基礎を作った人物であり、晩年には政界にも進出した、非常にエネルギッシュな人物なのです。
秋山は1868年生まれ。安部は1865年生まれ。ジャンルは違えど日本の発展に寄与した二人。ここでは、二人の足跡を比較し、ひょっとしたら接点があったかも、などと妄想してみます。

年表

安部磯雄 秋山真之
1865年
(元治2)
0歳 福岡市に生まれる。父は福岡藩士岡本権之丞
1868年
(慶応4)
3歳 0歳 松山市に生まれる。父は松山藩士秋山久敬
1879年
(明治12)
14歳 師範学校付属小を卒業
同志社英学校(現同志社大)に入学
11歳 松山中学(現松山東高)に入学
1882年
(明治15)
17歳 新島襄から洗礼を受ける 14歳
1883年
(明治16)
18歳 15歳 松山中学を中退、兄の好古を頼って上京
1884年
(明治17)
19歳 同志社英学校を中退 16歳 東京大学予備門に入学
1886年
(明治19)
21歳 村上駒尾と婚約
この頃同志社に復帰し教員に
18歳 予備門を中退、海軍兵学校に入学
1887年
(明治20)
22歳 岡山教会に赴任 19歳
1890年
(明治23)
25歳 22歳 海軍兵学校を卒業、海軍軍人となる
1891年
(明治24)
26歳 コネチカット州のハートフォード神学校に洋行
テニスに熱中する
23歳 トルコ軍艦の生存者送還に従事
1892年
(明治25)
27歳 24歳 海軍少尉
1894年
(明治27)
29歳 ベルリン大学留学 26歳 日清戦争に従軍
1895年
(明治28)
30歳 洪水で被害を受けた岡山教会を再建するため帰国
布教活動を経たのち同志社大教授に
27歳
1897年
(明治30)
32歳 29歳 米国留学、ワシントンに滞在
1899年
(明治32)
34歳 東京専門学校(現早大)講師となる
この頃から社会主義運動に参加
31歳 英国駐在武官となり、イギリスを視察
1901年
(明治34)
36歳 社会民主党結成(日本初の社会主義党)するも、
すぐに解散を命じられる
早大野球部を創設
33歳 海軍少佐
1902年
(明治35)
37歳 早大の体育部長に就任、
野球部を含めたスポーツ全般を運営する
大隈重信を説得し、戸塚に野球場を建設
34歳 海軍大学校教官就任
1903年
(明治36)
38歳 最初の早慶戦開催。9-11で早大の敗戦 35歳 稲生季子と結婚
1904年
(明治37)
39歳 第二回早慶戦にて早大が13-7で勝利
日露戦争に関して非戦論を唱える
36歳 日露戦争勃発。海軍中佐
1905年
(明治38)
40歳 団長として早大野球部の米国遠征を引率
4月から6月の3ヶ月で26試合
37歳 作戦担当参謀として、日本海海戦の勝利に貢献
1906年
(明治39)
41歳 応援団の対立問題により早慶戦が中止 38歳
1907年
(明治40)
42歳 飛田穂州を早大主将に据える
早大講師から教授となる
早大、ハワイチームと対戦し3連敗
39歳 ハワイチームと対戦する慶大野球部を激励するべく、
「褌論」の書簡を送る
1908年
(明治41)
43歳 二度目の米国遠征を引率
6月から8月の3ヶ月で25試合
40歳 海軍大佐に
1910年
(明治43)
45歳 米国大学球界の強豪シカゴ大と招待試合を開催し
6戦全敗。責任を感じた飛田が引退
42歳
1912年
(明治45)
47歳 嘉納治五郎らと大日本体育協会を設立 44歳 海軍軍令部参謀、海軍大学校教官兼任
1913年
(大正2)
48歳 45歳 海軍少将
1914年
(大正3)
49歳 46歳 シーメンス事件(海軍収賄事件)の処理にあたる
1916年
(大正5)
51歳 48歳 第一次世界大戦視察のため欧州へ
1917年
(大正6)
52歳 49歳 帰国。盲腸炎が悪化し、病気療養
海軍中将
1918年
(大正7)
53歳 50歳 腹膜炎を併発、死去
1919年
(大正8)
54歳 新聞記者だった飛田を早大初代監督に招聘
1921年
(大正10)
56歳 四度目の米国遠征を引率、シカゴ大に初勝利
4ヶ月で29試合をこなす
1925年
(大正14)
60歳 野球部合宿所を建築(後の安部寮)
復活した早慶戦に立ち会う
1926年
(大正15)
61歳 早大野球部部長を辞任
社会民衆党の委員長となる
1928年
(昭和3)
63歳 早大教授を辞任
日本初の普通選挙にて当選、政界に乗り出す
(以降、細かい政治活動は割愛)
1930年
(昭和5)
65歳 東京六大学野球連盟初代会長に就任
1946年
(昭和21)
81歳 日本学生野球協会初代会長就任
1949年
(昭和24)
84歳 死去
1959年
(昭和34)
- 日本野球殿堂特別表彰
※参考にしたサイトは最後に記述

二人の共通点

(1)生まれは貧乏
 二人とも実家は藩士でしたが、明治維新の後なので貧乏でした。
(2)支援者の存在
 秋山は兄の好古の援助があって勉学が続けられました。
 安部も、義兄(姉の夫)である浅香竜起のすすめで同志社英学校に進んだと言われています。
 才能も磨くチャンスがなければ無駄になる、と考えると、二人は非常に恵まれているといえます。
 また、浅香は安部を海軍軍人にしたかったというのも、非常に面白い話です。
(3)海外留学
 秋山はアメリカ、イギリス。安部はアメリカ、ドイツ。
 ともに海外での体験は大きな刺激になったのではないでしょうか。
(4)外国との対決
 秋山は言うまでもなく日露戦争が人生のハイライトです。
 安部も早大野球部を鍛え、アメリカのレベルに追いつこうと懸命でした。
 いずれも大敵に立ち向かっていったわけです。

お互いを知ってる可能性(完全なる妄想です)

まず秋山が安部を知っていたかどうかですが、可能性はないことはないと思います(微妙)。
日露戦争のおり、安部の所属する社会主義教会の発行する「平民新聞」は「非戦論」を唱えています。これが安部の個人名が入ったものだとしたら、そして秋山がそれを読んだとしたら……名前が記憶されるかもしれません。
また、1907年(明治40)に、ハワイのセントルイス野球団が来日し、早大・慶大と対戦していますが、秋山はこの試合を「毎日のように」観戦していたといいます。この時慶大を激励するべく送ったのが「褌論」なる書簡です。
予備門時代は正岡子規とともに野球にふけり、ひとかどの軍人になってからも観戦するフリークぶり。とすれば、慶大のライバルである早大野球部部長の名前を聞いたことくらいはあるかもしれません(その頃早慶戦はやっていませんけれども)。

逆に安部が秋山を知ってる可能性は、低いような気がします。安部からすると秋山は一軍人ですから。「坂の上の雲」が書かれるまでは世間的にはマイナーな人物だったと言いますし。
学生時代の接点も考えにくい。安部は京都の同志社、秋山は東京の予備門→海軍兵学校です。

会ったことがあるかどうか……となると、これはもうフィクションの世界ですね。
しかし、会ったとなれば論争になりそうな気がします。かたや、日露戦争下にありながら野球部を遠征に連れて行く大学教授、しかもキリスト教徒で社会主義者。かたや、慶大ファン(おそらく)の軍人。
いったいどんなことをしゃべるんでしょうね。

☆参考書籍、サイト
Z旗
 運営する「坂の上の雲マニアックス」の情報量は必見! ドラマの前に予習しましょう。
 このページでは秋山真之の経歴(年譜)を参考にしました。
福本武久の小説工房
 「新島襄と同志社大学」を参考にしました。
「球聖飛田穂州伝」神門兼之著 つげ書房新社
 安部磯雄についてもかなり言及されています。

こだわり高校野球
HOME本当に訪問者が知りたい20の質問メールサイトマップリンク小ネタブログ試合観戦ブログおすすめ書籍おすすめ漫画「クロカン」
全国大会(甲子園)関連
歴代優勝校明治神宮大会国体大会回数早見表優勝アラカルトセンバツ出場校その後神宮出場校その後神宮大会・過去の選出基準神宮大会地区別戦績
東京都の大会関連
春季大会選手権大会(夏)秋季大会全国代表校一覧年代別戦績県別対戦成績よく対戦する高校東京都勢のホームラン東京都名選手列伝東京都野球場案内
関東大会関連
県別戦績各県勝率推移各県詳細成績データベース
東京都高校野球史
(1)明治 野球伝来(2)大正1 全国大会開始(3)大正2 甲子園誕生(4)昭和1 戦前の野球熱(5)昭和2 戦後の復興年表↑Top

「こだわり高校野球」Copyright (C) 2005-2017 Souichirou, All rights reserved.